« メンタルヘルス コミュニケーション講演 三遊亭楽春講演受付 | トップページ | 体と心の健康作り講演が好評 三遊亭楽春講演受付 鹿児島編 »

落語家・三遊亭楽春の創作小話2014年12月分

落語家・三遊亭楽春が最近の話題で小話を創作。毎日更新。

2014年12月分を掲載。

-----------------------------------------------

過去10年分の創作小噺は以下でお読み下さい。

三遊亭楽春の創作小話バックナンバー (全小話を掲載)

-----------------------------------------------

■ 2014/12/31 小話3767個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「いよいよ今年も最終日。午から羊へ干支の引継ぎだね。」

◆「羊はいいな。」

●「どうして?」

◆「景気は想像したよりも不安定。来期への仕事の引継ぎが確約されているなんて、羨ましい話だよ。」

-----------------------------------------------

■ 2014/12/30 小話3766個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「帰省土産に冬の味覚、蟹を考えていたんだが。」

◆「買ったのかい?」

●「今年はタラバガニが高騰で品薄状態。とても買えないよ。」

◆「僕のうちじゃ品薄の影響なんか関係ないよ。」

●「景気がいいんだね。」

◆「そうじゃないんだ。蟹の中でも高価なタラバガニとは、品薄どころか、はじめから縁が薄いのさ。」

-----------------------------------------------

■ 2014/12/29 小話3765個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「年末になって芸能人がひっそりと入籍していたニュースが出ているよ。」

◆「ひっそり年末に駆け込み婚って感じだね。」

●「昔はひっそり駆け落ち、今はひっそり駆け込みだね。」

◆「ところで、君の婚活はどうなってる?」

●「一年中、一人でひっそりしているよ。」

-----------------------------------------------

■ 2014/12/28 小話3764個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「通院(つういん)していると聞いたけど、どうしたんだい?」

◆「年末に休肝(きゅうかん)日を設けず、飲み続けた挙句、急激な胃痛を起こしたんだよ。」

●「なるほど、痛飲(つういん)で、急患(きゅうかん)になったのか!」

-----------------------------------------------

■ 2014/12/27 小話3763個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「大掃除をすると一気に邪魔なものを片付けることが出来るが、君のうちではもう済ませたの?」

◆「我が家の大掃除には俺は参加しないよ。」

●「どうして?」

◆「うちで一番邪魔なものは俺だって気づかされるからさ。」

-----------------------------------------------

■ 2014/12/26 小話3762個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「12月は飲み会続きで、酔って帰る日が多くてね。」

◆「毎晩のように酔って帰って奥さん怒らない?」

●「俺が酔ってしまうのは、今、流行の妖怪のせいだと言い訳したんだが・・・。」

◆「それで奥さんは納得したの?」

●「いいや、妖怪よりも怖い鬼の形相に変わったよ。」

-----------------------------------------------

■ 2014/12/25 小話3761個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「娘さんにクリスマスプレゼントをあげた?」

◆「アナと雪の女王のグッズが欲しいとねだられたが、人気があって手に入らなかったんだ。」

●「娘さんはどうしてた?」

◆「雪の女王よりも、顔が凍りついていたよ。」

-----------------------------------------------

■ 2014/12/24 小話3760個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「子供がクリスマスの欲しいものをメモに書いて、テーブルに置いてあったんだ。」

◆「まだサンタクロースを信じている年齢かい?」

●「追伸があってね。」

◆「追伸?」

●「サンタクロースのことはもう信じていないが、お父さんのことは信じているって、メモに書いてあったよ。」

-----------------------------------------------

■ 2014/12/23 小話3759個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「年末だというのに、会社から来年度の契約はしないと通達されたよ。」

◆「そうなの?」

●「まだまだ世間の景気状態は厳しいね。解雇時には紙一枚の通達だよ。まるでAKB48のマネみたいだな。」

◆「どういうこと?」

●「会社からは塩対応されて、通達だけは紙(神)対応だからさ。」

-----------------------------------------------

■ 2014/12/22 小話3758個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「今回の選挙は戦後最低の投票率で、世間の関心(かんしん)が薄かったねぇ。」

◆「俺にとっては妻や子供からの家庭内の関心の薄さよりはずっと高いよ。」

●「どちらにしても、寒心(かんしん)に堪えない話だね。」

-----------------------------------------------

■ 2014/12/21 小話3757個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「僕は年末調整って言葉をずっと勘違いしていたよ。」

◆「税の話じゃなくて?」

●「年末は忘年会などで出銭が多いから、正月休みに向けて財布の中身の調整をしておけって意味かと思ってたのさ。」

-----------------------------------------------

■ 2014/12/20 小話3756個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「今日で東京駅が開業(かいぎょう)から100年だって。」

◆「娘から言われたよ。機械が苦手なお父さんみたいって。」

●「どういう意味?」

◆「メールの打ち方を教えても、改行(かいぎょう)だけでも10年掛かるって。」

-----------------------------------------------

■ 2014/12/19 小話3755個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「679億円分の使用されていない、大量のビール券が眠っているんだって。」

◆「その代わりに、忘年会で大量に使用されたビールが、お父さんたちの腹回りになって眠っているよ。」

-----------------------------------------------

■ 2014/12/18 小話3754個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「まさか一夜にしてこんなに高くなるとは!」

◆「爆弾低気圧で大雪が降り、一夜にして驚くほど高く積もったねぇ。」

●「俺が言ってるのは、いっきに80円も高く値上げした吉野家の牛丼の話さ。」

-----------------------------------------------

■ 2014/12/17 小話3753個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「爆弾低気圧で記録的な大雪・暴風に襲われ、日本列島が凍結しているぞ。」

◆「日本列島が凍結?選挙の大勝で、アベノミクスの更なる推進に対しての、未来予想に思えるよ。」

-----------------------------------------------

■ 2014/12/16 小話3752個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「選挙の投票所での出口調査を一度受けてみたいな。」

◆「俺なんかいつも受けているよ。」

●「いつも?」

◆「酔って帰ると女房から、どこで飲んで、金をいくら使ったか、玄関先で徹底的に調査されるからだよ。」

-----------------------------------------------

■ 2014/12/15 小話3751個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「昨日は日本列島は、白、青、赤、まるで色彩の日だったね。」

◆「色彩の日?選挙の日じゃなくて?」」

●「日本海側は寒波(かんぱ)の大雪で真っ白。野党は完敗(かんぱい)で真っ青。与党は大勝のお祝いの乾杯(かんぱい)で真っ赤だからさ。」

-----------------------------------------------

■ 2014/12/14 小話3750個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「選挙の投票日だというのに、日本海側では強烈な寒波で大雪状態だよ。」

◆「一面に積もった雪の白さを見ると、投票所に行けない白票(はくひょう)のように見えるね。」

●「いやぁ、薄氷(はくひょう)を踏む思いなのは、当落ギリギリの候補者たちのほうさ。」

-----------------------------------------------

■ 2014/12/13 小話3749個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「蟹の脚を買いたかったが、今年は蟹が高騰で手が出なかったよ。」

◆「予算上、手が出ない分、足が出たか!」

-----------------------------------------------

■ 2014/12/12 小話3748個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「冬の味覚(みかく)の代表、蟹が今年は不良だって。」

◆「店頭の棚に蟹が欠けている店もあるほどだよ。」

●「これじゃ冬の身欠(みかく)だね。」

-----------------------------------------------

■ 2014/12/11 小話3747個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「特定秘密保護法が昨日施行されたよ。国民の知る権利が再考されるが。」

◆「知る権利かぁ・・・。」

●「急にガッカリしてどうしたの?」

◆「妻に渡したボーナスの使い道。子供たちの日頃の行動。俺には家庭内で知る権利など存在しないからさ。」

-----------------------------------------------

■ 2014/12/10 小話3746個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「IOCが五輪競技数の上限撤廃を承認したぞ。」

◆「便乗して小遣いの上限撤廃を妻に求めたら却下されたよ。」

●「君の場合、家庭の輪がうまく繋がっていないようだね。」

-----------------------------------------------

■ 2014/12/9 小話3745個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「冬は暖かい布団から出たくないよね。」

◆「布団は、干したり、叩いたりしてはダメだって知ってるかい?」

●「そうなの?」

◆「陽の優しく当てて、表面を軽く掃除機をかけるといいそうだよ。」

●「ああ、生まれ変わるなら布団になりたい!」

◆「急にどうしたの?」

●「俺のサラリーマン人生は、干され、叩かれ、陽の目を見ることが無かったから・・・。」

-----------------------------------------------

■ 2014/12/8 小話3744個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「マスコミでは、せきの数を気にしているね。」

◆「咳(せき)?たしかに風邪やインフルエンザが流行っているからなぁ。」

●「いいや気になるのは、選挙での議員の席(せき)の数のことだよ。」

◆「咳が多ければ風邪が重くなるが、議席が少なかったらどうなるのかな?」

●「政党の上層部の責(せき)が重くなるってことさ。」

-----------------------------------------------

■ 2014/12/7 小話3743個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「仕事の後に、メークやファッションを大胆に変える女性を、変身女子って言うんだって。」

◆「それに魅了された男性は、のちのち後悔することになるよ。」

●「どうして?」

◆「女性は結婚後には、大胆どころか別人のように大変身するからね。」

-----------------------------------------------

■ 2014/12/6 小話3742個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「冬のボーナスは二度の戦いで勝ち取るものなんだよ。」

◆「二度?」

●「貰う前の会社との交渉と、貰った後での妻との交渉さ。」

-----------------------------------------------

■ 2014/12/5 小話3741個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「2015年の春の花粉飛散予測だが、、スギ花粉の飛散開始は例年より早く、量も多いんだって。」

◆「飛散時期が早く量が多め!昔から来年の話をすると鬼が笑うというが、現代では鬼がくしゃみをする時代なんだね。」

-----------------------------------------------

■ 2014/12/4 小話3740個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「日本列島を寒波襲来。換気(かんき)に包まれて凍りつくほどに寒々しいよ。」

◆「選挙が終わればもっと顕著になるよ。」

●「どう言う意味?」

◆「立候補者は、当選すれば歓喜(かんき)に包まれ、落選すれば凍りつく思いをするからさ。」

-----------------------------------------------

■ 2014/12/3 小話3739個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「ユネスコで、和紙・日本の手漉(てすき)和紙技術が無形文化遺産に登録が決まったよ。」

◆「今までは、人情紙の如しと、人情は紙同様に薄い物の意味に使われていたが。」

●「これからは、人情紙の如しと、人情は紙同様に貴重な物になった、との意味に使われるかもね。」

-----------------------------------------------

■ 2014/12/2 小話3738個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「あなた、年末は家計が苦しいから無駄遣いはしないでよ。」

◆「俺は安倍首相の真似をしているんだよ。」

●「どういうこと?」

◆「年末なのに衆院解散。選挙で大金を無駄遣いしているだろ。」

●「うちの場合これ以上家計を苦しめたら、解散(かいさん)じゃなく、一家離散(りさん)よ!」

-----------------------------------------------

■ 2014/12/1 小話3737個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「いよいよ12月。カレンダーが残り一枚になると、年末を感じるね。」

◆「俺の場合、財布の千円札が残り一枚なると、月末を感じるよ。」


三遊亭楽春の創作小話バックナンバー (全小噺一覧)


三遊亭楽春公式ブログ (ブログのトップへ)


三遊亭楽春公式ブログ(公式サイト)の内容は三遊亭楽春に著作権があり、文章・画像・写真を許可無く使用や転載することを禁じます。


« メンタルヘルス コミュニケーション講演 三遊亭楽春講演受付 | トップページ | 体と心の健康作り講演が好評 三遊亭楽春講演受付 鹿児島編 »