« 落語家・三遊亭楽春の創作小話2014年10月分 | トップページ | 落語家・三遊亭楽春の創作小話2014年12月分 »

落語家・三遊亭楽春の創作小話2014年11月分

落語家・三遊亭楽春が最近の話題で小話を創作。毎日更新。

2014年11月分を掲載。

-----------------------------------------------

■ 2014/11/30 小話3736個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「乳製品の実質値上げで、スライスチーズの中身の枚数が一枚減ったことに、気がつかない人が多いんだって。」

◆「俺なんか財布の札の枚数が、一枚減ったらすぐに気が付くぞ。」

●「それは元々入っている財布の札の枚数が少ないからだろ。」

◆「乳製品は次々と値上げで、うちの女房は怒りが増しているよ。」

●「君の奥さんはスライスチーズじゃなく、切れてるチーズだね。」

-----------------------------------------------

■ 2014/11/29 小話3735個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「今日11月29日は語呂合わせで、いい服(1129)の日だよ。」

◆「君はいつも同じ服ばかりだね。」

●「その代わり女房は高い服を買っているさ。」

◆「君は承知しているのかい?」

●「事後報告で納得せざるおえないんだよ。」

◆「君の場合は、いい服ではなく、奥さんに言い含(いいふく)められているんだね。」

-----------------------------------------------

■ 2014/11/28 小話3734個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「生乳生産量の減少でバターが不足。深刻なほどの品薄状態だぞ。」

◆「売り手は沢山仕入れたいが、実際には制限されて数個入手できれば良い方だって。」

●「これじゃ乳製品(にゅうせいひん)じゃなく、入制限(にゅうせいげん)だよ。」

-----------------------------------------------

■ 2014/11/27 小話3733個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「冬の風邪予防にはお茶のカテキンが効くんだって。」

◆「それで会社の部下の女の子が、僕に苦いお茶をいれてくれるのか。」

●「それは健康のためじゃなく、口うるさい上司を黙らせるためさ。」

-----------------------------------------------

■ 2014/11/26 小話3732個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「妖怪ウォッチの影響で、宿題や手伝いをサボる言い訳を、妖怪のせいにする子供が多いんだって。」

◆「うちの女房は子供が宿題や手伝いをサボることを、妖怪のせいにはしないぞ。」

●「じゃ、誰のせいにするの?」

◆「悪いところは全部、お父さんに似たせいだって言ってるよ。」

-----------------------------------------------

■ 2014/11/25 小話3731個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「今の時期、秋から冬にかけてランドセルが売れるシーズンだって知ってるかい?」

◆「入学の春先じゃなくて?」

●「両親と、両親各々の祖父母が、競って買い与えようとするからさ。」

◆「ランドセルよりも、子供の背負う負担の方が大きい気がするよ。」

-----------------------------------------------

■ 2014/11/24 小話3730個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「今日は勤労感謝の日の振替(ふりかえ)休日だね。」

◆「振替ではなく、うちの家族にとっては単なる休日だよ。」

●「どういうこと?」

◆「日頃の俺の勤労ぶりを、少しは家族に振返(ふりかえ)って感謝して欲しいって意味さ。」

-----------------------------------------------

■ 2014/11/23 小話3729個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「衆院解散となったが、なぜ解散時にバンザイをするんだろう?」

◆「あれはバンザイじゃなく、アベノミクスのせいでお手上げって意味だと思うよ。」

-----------------------------------------------

■ 2014/11/22 小話3728個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「今日11月22日は、いい夫婦(ふうふ)の日だね。」

◆「そうなの?生活苦で、フゥフゥとため息が出る日かと思ったよ。」

-----------------------------------------------

■ 2014/11/21 小話3727個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「GDPの予想外の落ち込み、各方面に大きな影響を及ぼしているね。」

◆「アベノミクス失敗と囁かれ、内心、一番落ち込んでいるのは安倍首相じゃないかな。」

-----------------------------------------------

■ 2014/11/20 小話3726個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「GDP、まさかのマイナスには衝撃が走ったね。」

◆「俺なんか会社の査定ではいつものことさ。」

●「どういうこと?」

◆「まさか、じゃなく、またかのマイナス評価だからさ。」

-----------------------------------------------

■ 2014/11/19 小話3725個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「GDP減の原因は、増税後の個人消費の伸び悩み、経済体力が無かったせいだと。」

◆「体力が無いはずさ。個人の消費(しょうひ)における消耗(しょうもう)は激しかったからね。」

●「GDPは降下でも、おかげで体力、いや、耐力(たいりょく)だけは向上したよ。」

-----------------------------------------------

■ 2014/11/18 小話3724個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「7月から9月のGDPが1.6%減で消費増税が延期へ。」

◆「増税への国民の思いと政府の思惑に、計算のズレが生じたようだね。」

●「計算のズレ?なるほど、国民感情(かんじょう)と、政府のそろばん勘定(かんじょう)の差か!」

-----------------------------------------------

■ 2014/11/17 小話3723個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「携帯やスマホの電波が届かない、圏外旅行が静かなブームだって。」

◆「俺も会社の仕事を忘れたいからそれはいいね。。」

●「えっ、君は今まで、会社で戦力の圏内にいると思っていたのかい?」

-----------------------------------------------

■ 2014/11/16 小話3722個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「各地で初霜・初氷を観測。凍りついて寒さが本格的になってきたね。」

◆「ロッテ・森永・グリコの大手三社がアイス(氷菓)を値上げ。景気が本格的に凍りついてきたね。」

-----------------------------------------------

■ 2014/11/15 小話3721個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「主婦はポイントカードを集めるのが好きだよね。」

◆「点数を重ねれば見返りがあるからさ。」

●「旦那への点数が厳しいのはなぜだろう?」

◆「点数を重ねても何の見返りも期待できないからさ。」

-----------------------------------------------

■ 2014/11/14 小話3720個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「日本各地で強風が吹き大荒れだったね。急にどうしたんだろう?」

◆「衆院の解散風が吹き荒れて、各選挙区で大慌てになった影響だよ。」

-----------------------------------------------

■ 2014/11/13 小話3719個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「クリスマスケーキの予約が始まったね。」

◆「クリスマスを一緒に過ごす相手の予約ができる業者はないのかな?」

●「業者はそんなリスクは負わないよ。」

◆「どうして?」

●「生のケーキだとクリスマス直前のキャンセルはできないが、生の人間はクリスマス直前に相手からキャンセルされる事が多いからだよ。」

-----------------------------------------------

■ 2014/11/12 小話3718個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「出世する人はランチの時間を有益に過ごし、ネットワークを広げ、学びの時間に費やすそうだよ。」

◆「妻から貰うランチ代500円で、僕も毎日やっているよ。」

●「どんな風に?」

◆「ワンコインで日替わりで何を食べることが出来るか仕事仲間と情報交換。ランチの時間を有益に過ごすため、ネットワークを広げて、学んでいるのさ。」

-----------------------------------------------

■ 2014/11/11 小話3717個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「フィギュアスケートで人気の羽生選手が中国の選手と激突して、7針を縫う怪我を負ったよ。」

◆「冷たい氷上(ひょうじょう)で、お互いが目に入らなかったのかな?」

●「中国と日本といえば、APECでも・・。」

◆「どうかしたの?」

●「中国の習主席が、安倍首相に対して冷たい表情(ひょうじょう)で対応。まるで目に入らないそぶりだったよ。」

-----------------------------------------------

■ 2014/11/10 小話3716個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「妻の7割が、夫の匂いに不満があるんだって。」

◆「妻の香水の匂いに不満を言ったら、夫の10割が家から追い出されるよ。」

-----------------------------------------------

■ 2014/11/9 小話3715個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「日中と夜間の温度差がありすぎて、寒くて大変だよ。」

◆「温度差がありすぎて寒い?それは気温の事かい?それとも安倍首相と習近平国家主席の日中会談の事かい?」

-----------------------------------------------

■ 2014/11/8 小話3714個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「プロ野球のゴールデン・グラブ賞が発表されたね。」

◆「俺も欲しいよ。」

●「ゴールデン・グラブ賞を?」

◆「俺が欲しいのは、大金をつかめる手袋(ゴールデン・グラブ)さ。」

-----------------------------------------------

■ 2014/11/7 小話3713個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「プチ贅沢ブームだが、粉雲丹を使用した40グラムで一万円の高級ふりかけがあるんだって。」

◆「緊張して振りかける手が震えてしまい、余分に振りかけてしまいそうで怖いよ。」

●「これぞまさに、震りかけだね。」

-----------------------------------------------

■ 2014/11/7 小話3712個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「今日は立冬。いよいよ冬の気配が現われてきたか。」

◆「相次ぐ商品の値上げで、立冬(りっとう)どころか、年越しの越冬(えっとう)すら厳しいよ。」

-----------------------------------------------

■ 2014/11/6 小話3711個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「安倍首相が化粧品を研究しているらしいよ。」

●「なぜ?」

◆「最近の化粧品は肌への浸透力が優れているからね。」

●「どういうこと?」

◆「更なる増税への理解が、国民の肌へ浸透しないからさ。」

-----------------------------------------------

■ 2014/11/5 小話3710個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「安倍政権では地方創生を大きなテーマに掲げているが。」

◆「続けざまに大臣の問題が発覚して、地方創生より内閣再生のほうが急務だよ。」

-----------------------------------------------

■ 2014/11/4 小話3709個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「秋は何かと物入りで小遣いが足りないぞ。」

◆「夫の小遣い制に賛成の主婦は、8割を超えるんだって。」

●「夫の小遣い値上げに反対の主婦は、ほぼ全員だろうさ。」

-----------------------------------------------

■ 2014/11/3 小話3708個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「ハロウィンが終わったと思ったら、すでに街はクリスマスモードだなぁ。」

◆「海外のイベント一色で、ここが日本かどうか、時々わからなくなるよ。」

●「ハロウィンもクリスマスも知っているが、今日が何の祝日だったか知らない日本人は多いだろうね。」

-----------------------------------------------

■ 2014/11/2 小話3707個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「昨日11月1日は犬の日だったね。」

◆「うちでは犬も猫も飼ってないけどよく鳴いているよ。」

●「どういうこと?」

◆「普段、俺のやることに目くじら立てて、妻も娘も犬のごとく噛み付き吠えるんだよ。」

●「猫は?」

◆「何か買ってほしいときは、急に猫なで声になるのからさ。」

-----------------------------------------------

■ 2014/11/1 小話3706個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「ハロウィンが終わったあとのカボチャは、パンプキンパイになるのかな。」

◆「いいや、ほとんどはカボチャの煮物だよ。」

●「カボチャの煮物?西洋の仮装(かそう)が終われば日本人に逆戻りか。」

◆「まさしく仮想(かそう)の世界から現実に戻ったのさ。」


◆閲覧時のお願い。

当ブログの創作小話を、他のブログやサイトに、無断で転載・掲載することは禁止のため、ご遠慮をお願いします。


三遊亭楽春の創作小話バックナンバー (過去の全小話一覧)


三遊亭楽春公式ブログ (ブログのトップへ)


三遊亭楽春公式ブログ(三遊亭楽春公式サイト)の内容は、三遊亭楽春に著作権があり、文章・画像・写真を許可無く使用や転載することを禁じます。


« 落語家・三遊亭楽春の創作小話2014年10月分 | トップページ | 落語家・三遊亭楽春の創作小話2014年12月分 »