« 落語家・三遊亭楽春の創作小話2014年8月分 | トップページ | 落語家・三遊亭楽春の創作小話2014年10月分 »

落語家・三遊亭楽春の創作小話2014年9月分

落語家・三遊亭楽春が最近の話題で小話を創作。毎日更新。

2014年9月分を掲載。

-----------------------------------------------

■ 2014/9/30 小話3674個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「今場所の大相撲では逸ノ城が快進撃だったね。まさに逸材であることが証明されたよ。」

◆「今回は優勝は逸したが、いずれは優勝してトップに立ち、一国一城の主となるだろうね。」

●「一国一城?いいや、四股名が逸ノ城だから、一国逸城さ。」

-----------------------------------------------

■ 2014/9/29 小話3673個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「俺のフレンチ・俺のイタリアンなど、スタンドスタイルのレストランに行列が出来ているんだって。」

◆「俺は通勤電車で立って会社に行き、仕事中はクレーム処理で立ちっぱなし。その上、リストラ対称だぞ。」

●「それがどうしたの?」

◆「会社に居座る椅子も無い俺が、就業後まで立って行列に並んで、立って食べなきゃいけないのかい?」

-----------------------------------------------

■ 2014/9/28 小話3672個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「セ・リーグは巨人が優勝。パ・リーグはオリックスにマジックが点灯したと思ったら翌日にはすぐ消えたよ。」

◆「マジックが点灯(てんとう)すれば道に灯りがあり進みやすく、消えれば道が暗(くらく)く転倒(てんとう)ってことか。」

●「まさに苦楽(くらく)、紙一重だよ。」

-----------------------------------------------

■ 2014/9/27 小話3671個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「真夜中にやっているテレビの通販番組は、膨大な売り上げがあるんだって。」

◆「私も迷った挙句についつい買ってしまうんだけど、あとで必要なかったって、痛い思いをするんだよなぁ。」

●「君の場合は、迷中(まよなか)の痛販(つうはん)だね。」

-----------------------------------------------

■ 2014/9/26 小話3670個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「秋田県では新米のきりたんぽ作りが始まったよ。新米だと旨みと粘りがでるんだって。」

◆「うちの会社の新米にも、同じくらい仕事で粘りを持ってほしいよ。」

●「それは無理さ。仕事を頑張ったところで上司の手柄。新米には旨みが少ないからね。」

-----------------------------------------------

■ 2014/9/25 小話3669個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「昨日、JR吾妻線の川原湯温泉駅と、近隣の日本一短い鉄道トンネルが70年の歴史に幕を下ろしたよ。」

◆「人々の心に歴史を残したんだね。もし寂しくなったら俺のところに来ればいいさ。」

●「君のところに?」

◆「会社の出世のレールから外れ、長いトンネル生活を送ったことを語ってあげるよ。」

●「会社の歴史にはまったく残らない話だね。」

-----------------------------------------------

■ 2014/9/24 小話3668個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「輸入牛肉が値上げだって。干ばつの影響で餌代が高騰したことが原因らしいが。」

◆「餌代のせいで牛肉が値上げだって?食費が高騰しても人間の給料は上がらないというのに!」

-----------------------------------------------

■ 2014/9/23 小話3667個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「最近、包まれていないなぁ。」

◆「独身の君は秋の哀愁を感じて、包んでくれる人が欲しくなったのかい?」

●「いいや、キャベツやレタスの価格が例年より異常な高騰だから。」

◆「どういうこと?」

●「葉に包まれている野菜に手が出ず、最近まったく食べていないって話さ。」

-----------------------------------------------

■ 2014/9/22 小話3666個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「ヤンキースの田中将大投手が75日ぶりの登板で勝利を飾ったよ。」

◆「肘の大きな負担を乗り越え、二ヵ月半も休んでいても結果を出すとはさすがだ。」

●「俺だったら仕事なんかずっと休んでいたいよ。」

◆「君の場合は結果を出すことができず、会社の負担が大きいようだね。」

-----------------------------------------------

■ 2014/9/21 小話3665個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「蚊に刺されると高熱が出るデング熱が話題になっているね。」

◆「うちの年頃の娘も心配だよ。」

●「デング熱が?」

◆「いいや、心配なのは悪い虫(男)に熱を上げる年頃だからさ。」

-----------------------------------------------

■ 2014/9/20 小話3664個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「大人気の妖怪ウオッチのメダル買取店が増えているよ。」

◆「昔は妖怪は退治されるものだったが、今では人気で需要があるとは。」

●「需要があって買取?まさしく要買(ようかい)だね。」

-----------------------------------------------

■ 2014/9/19 小話3663個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「イギリスからのスコットランド独立を問う住民投票で反対派が勝利。独立は幻と消えたね。」

◆「投票を行えるだけ、スコットランドがうらやましいよ。」

●「うらやましい?」

◆「俺の給料は全て女房が把握。経済的独立などは夢のまた夢だからさ。」

-----------------------------------------------

■ 2014/9/18 小話3662個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「最近のドラマは脇役にスポットを当てるスピンオフ物がはやっているね。」

◆「俺も会社の仕事じゃ主役じゃなく脇役だからスピンオフって感じかな。」

●「おいおい、君の場合は違うだろ。」

◆「違うって?」

●「仕事のスイッチをオフからオンに入れろってことさ。」

-----------------------------------------------

■ 2014/9/17 小話3661個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「プロ野球界では、早くも下位球団の監督交代の話が上がっているよ。」

◆「まだシーズン中なのに、通告が届けられるんだね。」

●「監督不行き届き、ではなく、監督不向き届きってことか!」

-----------------------------------------------

■ 2014/9/16 小話3660個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「朝は寒くて長袖、昼間は暑くて半袖の日々が続いているね。」

◆「そのせいで妻に怒られたよ。」

●「どうして?」

◆「朝、洋服を買ってくれると言ったのに、あなたは昼にはもう忘れているって。」

●「君はどう言い訳したの?」

◆「昼になったら無い袖は振れないのさ、ってね。」

-----------------------------------------------

■ 2014/9/15 小話3659個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「お母さん、敬老の日って何をすればいいの?」

◆「おじいちゃん、おばあちゃんとお話をしてあげると喜ぶわよ。」

●「話でいいの?そうか、おじいちゃん、おばあちゃんは歯が無いから、話(歯無し)がいいのか!」

-----------------------------------------------

■ 2014/9/14 小話3658個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「三連休だが行楽地には家族とどこかに行ったかい?」

◆「何もかも値上げでどこにも連れて行けず、家族からは文句ばかりさ。」

●「値が上がったせいで、男が上がらないんだね。」

-----------------------------------------------

■ 2014/9/13 小話3657個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「気象や原料コストの上昇が原因で秋からコーヒーが値上げだって。」

◆「好調なコンビ二・コーヒーの効果で、経済の眠りが覚めるかと思ったが、コーヒー以上に苦い話になってきたよ。」

●「特にブルーマウンテンは豆の入手が困難で4割アップも。」

◆「コーヒー好きの気分も4割アップでブルーだよ。」

-----------------------------------------------

■ 2014/9/12 小話3656個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「全国の20か所を閉鎖すると発表した代々木ゼミナールだが、生徒たちは大変だよ。」

◆「生徒だけじゃないよ。講師たちも大幅なリストラで大変さ。」

●「そうなの?」

◆「浪人を指導する予備校講師が、自ら就職浪人になると洒落にならないよ。」

-----------------------------------------------

■ 2014/9/11 小話3655個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「中秋の名月は見られなかったけど、翌日のスーパームーンは見事だったね。」

◆「スーパームーン?」

●「月がいつもより大きく見える現象だけど。」

◆「それならいつも見ているよ。」

●「いつも?」

◆「スーパーに行くと、月毎に物の値段が大きくなっているからさ。」

-----------------------------------------------

■ 2014/9/10 小話3654個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「錦織圭選手がテニスの全米オープンで準優勝の大躍進だよ!」

◆「マイケル・チャンコーチから、基礎(きそ)の大切さを教わって急成長したんだって。」

●「長野県は大喜びだ。」

◆「おいおい、錦織圭選手の地元は島根県松江市だけど。」

●「長野県でいいのさ。木曽(きそ)の大切さを日本中に広めてくれたからね。」

-----------------------------------------------

■ 2014/9/9 小話3653個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「雨空だったので丸い中秋(ちゅうしゅう)の名月を見ることができなかったね。」

◆「その代わり、課長の後姿を見てごらん。」

●「課長の後姿?どういうこと?」

◆「寂しげに背中が丸まって、哀愁(あいしゅう)が漂っているだろ。」

-----------------------------------------------

■ 2014/9/8 小話3652個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「第2次安倍内閣の集合写真では、女性(じょせい)閣僚5人が安倍首相を囲むように並んでいるね。」

◆「まるで安倍さんを包み込むかのようだよ。」

●「安倍さんにとっては待望の助成(じょせい)閣僚ってことだろうな。」

-----------------------------------------------

■ 2014/9/7 小話3651個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「秋の値上げラッシュが始まったぞ。」

◆「たしか、春も夏も値上げラッシュがあったけど。」

●「まるで一年中やってる閉店セールみたいだな。」

◆「閉店セール?たしかに財布のチャックは閉まったまだよ。」

-----------------------------------------------

■ 2014/9/6 小話3650個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「夏休みの宿題の工作が先生にほめられたんだ。」

◆「君は工作が上手なんだね。」

●「でも、お父さんに手伝ってもらったことは先生に内緒だよ。」

◆「先生に内緒?なるほど、隠蔽工作だね。」

-----------------------------------------------

■ 2014/9/5 小話3649個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「秋の夜長、鈴虫やコオロギが良く鳴いているな。」

◆「天候不順の影響でキュウリやナスが平年の数倍の値上がりだって。これじゃ買い控えてしまうよ。」

●「キュウリやナスを買い控えだって?それで虫たちが鳴いて、いや、泣いているんだね!」

-----------------------------------------------

■ 2014/9/4 小話3648個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「西日本の天候は、雨量が多く、日照が短い予想が出ているよ。」

◆「うちの家計と真逆だな。」

●「真逆?」

◆「日照り続きで、恵みの雨が少ないからさ。」

-----------------------------------------------

■ 2014/9/3 小話3647個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「今日、第2次安倍改造内閣の閣僚名簿を発表したよ。」

◆「安定感を重視したと言われているが。」

●「それは内閣自体の安定?国民生活の安定?安倍首相はどっちを重視しているのだろう?」

-----------------------------------------------

■ 2014/9/2 小話3646個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「涼しくなったと思ったら今日は汗をかいたなぁ。まるで暑さのやり直しだよ。」

◆「あ~あ、僕と同じだ。」

●「坊や、どうしたの?」

◆「先生から夏休みの宿題、やり直しって言われたんだ。」

●「なるほど、それで汗をかいているだね。」

-----------------------------------------------

■ 2014/9/1 小話3645個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「プールの水を抜いて底をついたのを見ると、夏の終わりを感じるね。」

◆「プールしていた金が底をついたのを見ると、夏のボーナスの終わりを感じるよ。」


◆閲覧時のお願い。

当ブログの創作小話を、他のブログやサイトに、無断で転載・掲載することは禁止のため、ご遠慮をお願いします。


三遊亭楽春の創作小話バックナンバー (過去の全小話一覧)


三遊亭楽春公式ブログ (ブログのトップへ)


三遊亭楽春公式ブログ(三遊亭楽春公式サイト)の内容は、三遊亭楽春に著作権があり、文章・画像・写真を許可無く使用や転載することを禁じます。


« 落語家・三遊亭楽春の創作小話2014年8月分 | トップページ | 落語家・三遊亭楽春の創作小話2014年10月分 »