« 落語家・三遊亭楽春の創作小話2014年7月分 | トップページ | 落語家・三遊亭楽春の創作小話2014年9月分 »

落語家・三遊亭楽春の創作小話2014年8月分

落語家・三遊亭楽春が最近の話題で小話を創作。毎日更新。

2014年8月分を掲載。

-----------------------------------------------

■ 2014/8/31 小話3644個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「今日8月31日は8・3・1の語呂あわせで野菜の日だよ。」

◆「猛暑の影響で野菜のが高騰。スーパーでは安いもやしが人気商品だってさ。」

●「夏休みは真っ黒になって走り回る元気な子のイメージだが、今はもやしっ子が人気がある時代なんだね。」

-----------------------------------------------

■ 2014/8/30 小話3643個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「猛暑から一転、震えるほどの寒さだね。」

◆「9月を飛び越え、10月の機甲だってさ。」

●「まるで冷蔵庫に首を突っ込んだ気分だよ。」

◆「望みがかなったじゃないか。」

●「僕の望み?」

◆「猛暑の頃は冷蔵庫に体ごと入りたい気分だって言ってただろ。」

-----------------------------------------------

■ 2014/8/29 小話3642個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「熱中症の対策には、塩分と水分をマメに補給をすることが大切だが、君はやっているかい?」

◆「形は違うけどやっているよ。」

●「形が違うって?」

◆「塩味の枝豆をつまみに、水割りを飲むことに熱中しているよ。」

-----------------------------------------------

■ 2014/8/28 小話3641個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「夏休みの宿題の読書感想(かんそう)文はお母さんに手伝ってもらったの?」

◆「お母さんは忙しくてそれどころじゃないよ。」

●「何が忙しいの?」

◆「雨続きで洗濯物が乾かないから、乾燥(かんそう)機に付っきぱなしで忙しいのさ。」

-----------------------------------------------

■ 2014/8/27 小話3640個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「大手予備校の代々木ゼミナールだが、二十七校のうち二十校を閉鎖だって。」

◆「少子化の影響は、前々から考えてみたら簡単に計算できる問題だと思うが。」

●「頭のよい講師陣がいて、なぜ予見できなかったのだろう?」

◆「受験科目より先に、経営と社会の厳しさを教えることになってしまったね。」

●「受講生にとっては進学(しんがく)、いや、深刻(しんこく)な問題だよ。」

-----------------------------------------------

■ 2014/8/26 小話3639個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「夏の甲子園・高校野球は大阪桐蔭の優勝で終わったね。」

◆「高校野球が終わると、夏休みの終わりを感じるよ。」

●「高校野球が終わると、溜まった夏休みの宿題の始まりを感じるよ。」

-----------------------------------------------

■ 2014/8/25 小話3638個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「帰省中は奥さんの実家の親族とは、うまく付き合えたかい?」

◆「野球でいえばバントや盗塁のミスが続いた感じかな。」

●「どういう意味?」

◆「親類(しんるい・進塁)関係はダメだったということさ。」

-----------------------------------------------

■ 2014/8/24 小話3637個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「夏太りには夏野菜をうまく取り入れると良いみたいだよ。」

◆「残念だが僕が太っているのは夏だけではなく一年中だから。」

●「一年中?どうやら君の場合はハウス栽培物が良いみたいだね。」

-----------------------------------------------

■ 2014/8/23 小話3636個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「夏休みは奥さんと旅行でもしたかい?」

◆「いいや、家で高校野球を見ていたよ。」

●「ずっと家で?」

◆「おかげで女房の機嫌が悪く、口も聞いてくれないよ。」

●「君の家では夫婦の会話のキャッチボールは成立していないんだね。」

-----------------------------------------------

■ 2014/8/22 小話3635個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「お盆休み後の週末だから小遣いが足りないよ。」

◆「奥さんに相談したの?」

●「妻に言うと叱られるから、子供に貸してくれと頼んだよ。」

◆「子供に?」

●「帰省した際、おじいちゃん・おばあちゃんにもらった小遣いがあるからさ。」

-----------------------------------------------

■ 2014/8/21 小話3634個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「夏の高校野球で投じられた超スローボールが話題になっているね。」

◆「話題になること自体がすごいよ。」

●「そうなの?」

◆「俺なんか超スローな仕事ぶりで、超スローな出世だが、今じゃ存在が薄れて社内で話題にも上らないよ。」

-----------------------------------------------

■ 2014/8/20 小話3633個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「飼い猫や犬が羨ましいよ。」

◆「飼い猫や犬?」

●「家でゴロゴロしていても可愛いがられて、家族からの扱いが良いからね。」

◆「なぜそう思うの?」

●「夏休みにゴロゴロしてしている父親は、家族からの扱いが悪いからさ。」

-----------------------------------------------

■ 2014/8/19 小話3632個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「お盆に帰省した子どもや孫にお小遣いをあげる、お盆玉っていう新習慣があるのを知っている?」

◆「お年玉のほかにお盆玉まで?今時の子供には夏冬のボーナスがあるのか!」

-----------------------------------------------

■ 2014/8/18 小話3631個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「帰省先の田舎では森林が多く、涼しい虫(ムシ)の音色を楽しめたよ。」

◆「今日から仕事が始まれば、オフィスのビルの谷間で、暑くてムシムシした生活が始まるさ。」

-----------------------------------------------

■ 2014/8/17 小話3630個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「お盆に帰省するたびに親から、結婚はまだかと催促されるんだよ。」

◆「独身(どくしん)生活が身につきすぎたんじゃない。」

●「今じゃ帰省すると、親が何を言おうとするか、心の中がわかるようになったよ。」

◆「読心(どくしん)術まで身についたんだね。」

-----------------------------------------------

■ 2014/8/16 小話3629個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「夢の国・東京ディズニーランド&シーが平日夜の入園料を値上げするって。」

◆「4月の消費増税時に入園料を値上げしたばかりなのに。」

●「ディズニーランドはいつも我々に良き教訓を与えてくれるよ。」

◆「どういうこと?」

●「人には夢が必要だが、夢だけでは食べていけない、ということさ。」

-----------------------------------------------

■ 2014/8/15 小話3628個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「帰省ラッシュだと思ったら、早くもUターン組みがいるんだって。」

◆「きっと義父・義母と反りが合わず、早く帰りたかったんだよ。」

●「反り(そり)?なるほど、Uターンの形になるはずだ!」

-----------------------------------------------

■ 2014/8/14 小話3627個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「2014年4~6月期のGDPが急減。消費増税の折の、駆け込み需要の影響といわれているが。」

◆「政策の反映が見られず、安倍首相はどう思っているのかな?」

●「駆け込んだあとは誰でも息切れする、ぐらいにしか感じていないかもね。」

-----------------------------------------------

■ 2014/8/13 小話3626個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「夏の行楽シーズンがやってきたね。君はどこの行楽地へいくの?」

◆「ガソリンの値上げと、長い渋滞。行楽の言葉と違って、とても行くのが楽とは思えないよ。」

-----------------------------------------------

■ 2014/8/12 小話3625個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「台風の影響で、甲子園・夏の高校(こうこう)野球が2日遅れで開幕したね。」

◆「2日ならまだいいよ。俺なんか帰省するたび、親孝行(こうこう)する約束が20年も遅れているんだから。」

-----------------------------------------------

■ 2014/8/11 小話3624個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「今日はいつもより満月の円が明るく大きく見えるスーパームーンの日だったよ。」

◆「今日から実家に帰省。いつもより妻が姑と明るく円満であって欲しいよ。」

-----------------------------------------------

■ 2014/8/10 小話3623個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「台風の影響で各地で夏のお祭りが順延だって。」

◆「俺にとってはいつものことだよ。」

●「いつものこと?」

●「俺の人生、あとの祭ばかりさ。」

-----------------------------------------------

■ 2014/8/9 小話3622個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「台風の影響で飛行機の欠航が相次いでいるぞ。」

◆「子どもを連れて帰省をしようと思ったのに!」

●「夏休みは子どもが非行(ひこう)を行わないように規制(きせい)をかけるが・・・。」

◆「帰省(きせい)の飛行(ひこう)は行って欲しいものだよ。」

-----------------------------------------------

■ 2014/8/8 小話3621個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「夏休みの子供の頃の思い出といえば、朝のラジオ体操第一だな。」

◆「おいおい。今の子供には、ようかい体操第一が流行っているんだよ。」

●「ようかいは夜に出て子供が怖がると思っていたが、今じゃ朝から出て子供に人気者になっていたとは!」

-----------------------------------------------

■ 2014/8/7 小話3620個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「猛暑の影響で、コンビニで飲める本格派のアイスコーヒーが売り上げ好調だってさ。」

◆「ものがコーヒーだけに目覚ましい売り上げだね。」

●「アイスコーヒーの飲み過ぎは、体を冷やし過ぎるという説があるけど。」

◆「その分、経済を温めてくれているよ。」

-----------------------------------------------

■ 2014/8/6 小話3619個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「君は汗かきだね。暑い日は大変だからメタボ体系を改善したほうがいいよ。」

◆「どうしたらいいかな?」

●「君のデスク周りにはいつもお菓子がいっぱいだから、まずはそこから直したら。」

◆「口寂しくて、つい食べてしまうんだよ。」

●「あれ?そういえば山になったお菓子が今日は無いね。どこにいったの?」

◆「全部食べたから、デスク周りから、腹周りに移動したんだよ。」

-----------------------------------------------

■ 2014/8/5 小話3618個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「夏はこまめに塩分と水分の補給をしないとね。君は大丈夫?」

◆「塩と水ならいつものことさ。」

●「そうなの?」

◆「酒を飲んで午前様で帰れば女房から厳しく塩対応を受けるので、水を飲んで酔いを醒ましてから帰るからさ。」

-----------------------------------------------

■ 2014/8/4 小話3617個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「夏休みの宿題の問題は、先にやるほうだった?後回しにするほうだった?」

◆「子供時代のことは忘れたが、会社で起きた問題は常に後回しにしているよ。」

-----------------------------------------------

■ 2014/8/3 小話3616個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「台風や高温の影響で夏野菜の高騰が危ぶまれているが。」

◆「夏の青物を前にして、こっちが青色吐息になってしまうよ。」

-----------------------------------------------

■ 2014/8/2 小話3615個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「花火大会が多い季節だが、夜空に輝く大輪の花火はきれいだね。」

◆「わざわざ見に行かなくても俺のうちで充分さ。」

●「君のうちで花火が見られるの?」

◆「家計簿を開けば、大きな火の車(輪)を見ることができるよ。」

-----------------------------------------------

■ 2014/8/1 小話3614個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「あまりの暑さでアスファルトが焼け、焦げつくような感じだね。」

◆「たいしたこと無いよ。」

●「君は暑苦しくないの?」

◆「借金が焦げついたときの苦しさに比べれば、これぐらいは平気さ。」


◆閲覧時のお願い。

当ブログの創作小話を、他のブログやサイトに、無断で転載・掲載することは禁止のため、ご遠慮をお願いします。


三遊亭楽春の創作小話バックナンバー (過去の全小話一覧)


三遊亭楽春公式ブログ (ブログのトップへ)


三遊亭楽春公式ブログ(三遊亭楽春公式サイト)の内容は、三遊亭楽春に著作権があり、文章・画像・写真を許可無く使用や転載することを禁じます。


« 落語家・三遊亭楽春の創作小話2014年7月分 | トップページ | 落語家・三遊亭楽春の創作小話2014年9月分 »