« 講演会講師をお探しなら実績多数の三遊亭楽春が講演受付中 | トップページ | »

落語家・三遊亭楽春の創作小話2013年12月分

落語家・三遊亭楽春が最近の話題で小話を創作。毎日更新。

2013年12月分を掲載。

-----------------------------------------------

過去10年分の創作小噺は以下でお読み下さい。

三遊亭楽春の創作小話バックナンバー (全小話を掲載)

-----------------------------------------------

■ 2013/12/31 小話3401個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「特定の遺伝子がメタボに関わっていることが研究発表されたね。」

◆「中年太り対策の解明を、来年には期待したいな。」

●「やせ細りの方も研究して欲しいけどね。」

●「どういうこと?」

◆「中年になると財布がやせ細っていく原因がどこにあるのか、来年こそ解明を期待したいよ。」

-----------------------------------------------

■ 2013/12/30 小話3400個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「年末の大掃除をしていると、こんな所に忘れていたコレがあったのか!ってビックリするよね。」

◆「会社の大掃除をしていたら、君まだ会社にいたのかって!忘れられていた俺の存在に上司がビックリしていたよ。」

-----------------------------------------------

■ 2013/12/29 小話3399個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「今度の正月は長期の連休だから、帰省客や旅行客で電車も飛行機も席が無い状態だぞ。」

●「電車や飛行機なら、まだいいよ。」

◆「どういうこと?」

●「あまりに休暇が長いと、年明け会社に自分の席が無いような気がするからさ。」

-----------------------------------------------

■ 2013/12/28 小話3398個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「大掃除の時期だが、主婦がやりたくない家事の一位が掃除だって。」

◆「それは俺も同じさ。不振で閉鎖する会社の後始末をやれって命令されているんだよ。」

●「そうか!後始末は会社の掃除(そうじ)役ってことか。」

◆「そのうえ、辞める社員たちを送り出す送辞(そうじ)役でもあるのさ。」

-----------------------------------------------

■ 2013/12/27 小話3397個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「年末は防犯(ぼうはん)、防災(ぼうさい)の季節だね。」

◆「僕の場合は忘反(ぼうはん)、忘妻(ぼうさい)だよ。」

●「どういうこと?」

◆「忘年会で飲み続きの日だろ。家に帰ると妻に怒られるからさ。」

●「なるほど。怒ったときの妻の顔を忘れ、どんなに怒られても反抗することを忘れるということか!」

-----------------------------------------------

■ 2013/12/26 小話3396個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「先日の有馬記念は、オルフェーヴルが8馬身差の圧勝で引退レースを飾ったね。」

◆「8馬身(ばしん)差は、もはや馬神(ばしん)と呼ぶ域だぞ。」

●「ところで、君は取ったのかい?」

◆「馬神(ばしん)に見放され財布はスッカラカン。クリスマスプレゼント代も無くし、家族からの不信(ふしん)だけが残ったよ。」

-----------------------------------------------

■ 2013/12/25 小話3395個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「どうして僕の家にはサンタクロースが来ないのって子どもに聞かれたよ。」

◆「どう答えたんだい?」

●「うちには煙突がないからサンタが来れないって教えたよ。」

◆「煙突は無くても、子どもはうまく煙に巻いたんだね。」

-----------------------------------------------

■ 2013/12/24 小話3394個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「歳末になると泣きつき詐欺が流行るんだって。君は大丈夫かい?」

◆「もう泣きつきの被害にあったよ。」

●「えっ、犯人はわかっているのかい?」

◆「うちの子どもさ。」

●「子ども?」

◆「好きなクリスマスプレゼントを買ってくれたら何でもお手伝いするって、泣きついて頼むから買ってやると、すぐにケロッと忘れるんだよ。」

-----------------------------------------------

■ 2013/12/23 小話3393個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「年末に向けて、週末の終電を延長したり、深夜バスが増便されたりされているね。」

◆「おかげで忘年会でもう一杯飲める時間が増えたよ。」

●「そんなにまでして、外でもう一杯飲みたいかい?」

◆「家でもう一杯飲みたいなんて言ってごらん。女房に睨み付けられるからさ。」

-----------------------------------------------

■ 2013/12/22 小話3392個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「回転寿司の大手、くら寿司では本格コーヒー、スシローでは本格ポテトを出して話題になっているよ。」

◆「まるでマクドナルドみたいだね。逆にマックで寿司が出る日が来るかもね。」

●「売り上げが下降しているマックだが、それで良くなるかも。」

◆「何が良くなるの?」

●「客の回転だよ。」

-----------------------------------------------

■ 2013/12/21 小話3391個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「ボーナス、クリスマス、年末、デパートでは商戦(しょうせん)まっさかりだね。」

◆「冗談じゃない。こっちは女房と子供にプレゼントをねだられて、財布が消耗戦(しょうもうせん)だよ。」

-----------------------------------------------

■ 2013/12/20 小話3390個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「猪瀬都知事の辞職表明を受けて、早くも次の都知事候補者が誰なのか話題になっているよ。」

◆「都民は清廉潔白な人を望んでいるようだが。」

●「猪瀬(イノセ)氏のあとは、イノセント(潔白)な人を選びたいのだね。」

-----------------------------------------------

■ 2013/12/19 小話3389個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「徳洲会グループから5千万円を受け取っていた問題で、猪瀬(イノセ)東京都知事が辞職表明したよ。」

◆「東京五輪の誘致(ゆうち)に成功した猪瀬氏だが、その後こんなにも早く窮地(きゅうち)に立つとは!」

●「円のせいで輪を外れることになったんだね。」

-----------------------------------------------

■ 2013/12/18 小話3388個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「軽そうにみえて実は重いものって何だと思う。」

◆「僕の女房の体重かな?」

●「残念!軽自動車への増税だよ。」

◆「それも残念だが、もっと残念なのは僕の女房の体重の方さ。」

-----------------------------------------------

■ 2013/12/17 小話3387個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「会社の上司の言う事が朝令暮改で困るよ。」

◆「朝令暮改ならかわいいものさ。」

●「どうして?」

◆「猪瀬東京都知事を見てごらん。徳洲会グループから5千万円を受け取った問題で、説明が二転三転しているじゃないか。」

-----------------------------------------------

■ 2013/12/16 小話3386個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「自らの女子力に満足できない女子を、こじらせ女子って呼ぶって知ってるかい?」

◆「こじらせ女子(じょし)は知らないよ。でも・・。」

●「でも、なんだい?」

◆「部下の能力に満足できず、かえって仕事を混乱させる、こじらせ上司(じょうし)ならよく知っているよ。」

-----------------------------------------------

■ 2013/12/15 小話3385個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「冬になると女房がまだ恋人時代に、手編みのマフラーを編んでくれたことを思い出すなぁ。」

◆「今、そのマフラーは?」

●「冬のボーナスが予想より低く、怒った女房にそのマフラーで首を絞められたよ。」

-----------------------------------------------

■ 2013/12/14 小話3384個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「文科省によると高校生の視力が過去35年間で最低だって。」

◆「ゲームやスマホの影響かな?」

●「いいや、必死に目を凝らしても、我が国の将来の見通しが悪いことが影響しているのさ。」

-----------------------------------------------

■ 2013/12/13 小話3383個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「温かい暖房器具は、燃料や電気代の節約を重視しているようだね。」

◆「冷たい家計状況では、夫の小遣いの節約が重視されているよ。」

-----------------------------------------------

■ 2013/12/12 小話3382個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「自民党では拭き掃除を始めたよ。」

◆「拭きそうじ?まだ年末の大掃除には早いけど?」

●「特定秘密保護法に対して、国民の懸念を払拭しようとしているのさ。」

-----------------------------------------------

■ 2013/12/11 小話3381個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「新党(しんとう)ができるみたいだが、どれほど持つかはわからないね。」

◆「気象庁によると少なくとも数年は残る見通しだって。」

●「気象庁?みんなの党から14人が離党して新党結成へ動く話だけど。」

◆「てっきり小笠原諸島にできた新島(しんとう)の話と思ったよ。」

●「そっちのほうも自民党からの風当たりの強い中でのスタートだから、気象庁の見通しが必要になるかもね。」

-----------------------------------------------

■ 2013/12/10 小話3380個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「特定秘密保護法が成立されたが、まだまだこの問題は続きそうだな。」

◆「僕の家でも大きな問題になっているよ。」

●「君の家で?」

◆「僕が留守の時に、妻が一人で特上寿司を食べた気配があるんだよ。」

●「気配?聞いて確かめなかったのかい?」

◆「聞いたが教えてくれないんだよ。家庭内の秘密保護のためだってさ。」

-------------------------------------------------

■ 2013/12/9 小話3379個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「和食がユネスコ無形文化遺産に登録決定になったよ。」

◆「出汁の味、盛り付けの美しさなど良い点が多いが、君にとって和食とは?」

●「丸いちゃぶ台に座り、家族で輪になって食事をする思い出かな。」

◆「なるほど、家族団らん、日本の良き輪食(わしょく)の風景だね。」

-----------------------------------------------

■ 2013/12/8 小話3378個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「フィギュアスケート・グランプリファイナルは浅田真央が優勝。ソチ冬季五輪の代表入り前進したぞ。」

◆「リンクで描いたフィギュア(図形)のサークル(円)は美しかったなぁ。」

●「おかげでソチが遠い疎地(そち)にならず、縁(円)を引き寄せたかもね。」

-----------------------------------------------

■ 2013/12/7 小話3377個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「ハイサワーの販促用の美尻カレンダーが話題になっているが、君も興味あるかい?」

◆「年末は競馬のG1レースに夢中で、馬の尻にしか興味が持てないよ。」

-----------------------------------------------

■ 2013/12/6 小話3376個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「アメリカの皮革製品メーカーがGPS付き財布を売り出したって。」

◆「GPS付きは落とした時の用心のためかい?それとも亭主がどこで金を使ったか女房の監視用のためかい?」

-----------------------------------------------

■ 2013/12/5 小話3375個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「経済状況を良くするには楽しいイベントがもっと増えないとね。」

◆「いいや、楽しいイベントが多いと経済状況が悪くなるのさ。」

●「どうして?」

◆「彼女がいる男性は、これから年末のイベントが多くなるたびに、財布の経済状況が悪くなるからね。」

-----------------------------------------------

■ 2013/12/4 小話3374個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「プロ野球では来季の契約ができなかった選手が100名以上いるんだって。」

◆「羨ましいなぁ。」

●「どうして?」

◆「俺は女房に自由契約にしてくれと望んでいるのだが、向こうは俺の小遣いを大幅減俸して再契約してくるからさ。」

-----------------------------------------------

■ 2013/12/3 小話3373個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「今年の新語・流行語大賞の年間大賞には、倍返し、じぇじぇじぇ、お・も・て・な・し、今でしょ!、の4語が選ばれたね。」

◆「不思議だねぇ。新語なのに改めて聞くと懐かしさを感じるよ。」

●「それは当然さ。だって倍返しは銀行員(ぎんこういん)の話だろ。」

◆「どういうこと?」

●「月日の経つのが早いことを昔から、光陰(こういん)矢のごとし、って言うじゃないか。」

-----------------------------------------------

■ 2013/12/2 小話3372個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「中日から井端、西武から片岡。巨人は内野の選手ばかり集めているが何を考えているのかな?」

◆「それを言ったらオーナーのナベツネ氏に叱られるぞ。」

●「なんて?」

◆「外野(部外者)は黙っていろって!」

-----------------------------------------------

■ 2013/12/1 小話3371個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「定年後の男性のボケ防止には料理を趣味にすると良いそうだよ。」

◆「もうやってるよ。」

●「料理の趣味が前からあったの?」

◆「いいや、定年になった途端に妻から熟年離婚を言い渡されて、自分で料理するはめになったのさ。」


三遊亭楽春の創作小話バックナンバー (全小噺一覧)


三遊亭楽春公式ブログ (ブログのトップへ)


三遊亭楽春公式ブログ(公式サイト)の内容は三遊亭楽春に著作権があり、文章・画像・写真を許可無く使用や転載することを禁じます。


« 講演会講師をお探しなら実績多数の三遊亭楽春が講演受付中 | トップページ | »