« 落語家・三遊亭楽春の創作小話2012年10月分 | トップページ | 落語家・三遊亭楽春の創作小話2012年12月分 »

落語家・三遊亭楽春の創作小話2012年11月分

落語家・三遊亭楽春の創作小話コーナーです。

2012年11月分をまとめて掲載。

三遊亭楽春が最近の話題で小話を毎日一つ創作しています。

-------------------------------------------------

■ 2012/11/30 小話3005個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「師走だね。」

◆「12月(師走)は明日からだぞ。」

●「えっ、もう師走かと思ったよ。」

◆「どうして?」

●「議員の先生方が次の選挙のために走り回っているからさ。」

-------------------------------------------------

■ 2012/11/29 小話3004個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「この冬の予想が暖冬(だんとう)から厳冬へ変わったよ。」

◆「それはリストラの断頭(だんとう)において、首筋の寒さがさらに厳しくなったって事かい?」

-------------------------------------------------

■ 2012/11/28 小話3003個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「冬野菜は体を温めて風邪予防になるんだよ。」

◆「野菜の値段が高くて、体より先に財布が風邪をひきそうだよ。」

-------------------------------------------------

■ 2012/11/27 小話3002個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「風邪が流行っているけど、君は大丈夫かい?」

◆「・・・・。」

●「おい、返答ぐらいしろよ。」

◆「・・・・。」

◆「返答なし?そうか、扁桃腺(返答せん)をやられているのか!」

-------------------------------------------------

■ 2012/11/26 小話3001個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「東京スカイツリーは強風の予報が出たため、今日の展望台の当日券の販売を休止したってさ。」

◆「それって本当に東京スカイツリーかい?」

●「どういうこと?」

◆「風当たりが強くて展望が読めないのは、次の衆院選の各政党のことかと思ったよ。」

-------------------------------------------------

■ 2012/11/25 小話3000個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「知っているかい、奥さんのへそくりは亭主の三倍あるんだってさ。」

◆「だから家の中で女房の方が態度が三倍デカイのか!」

-------------------------------------------------

■ 2012/11/24 小話2999個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「景気停滞でこれからは少し余裕のあるシニアを狙う企業の戦略が多いって。」

◆「なぜ若者ではなくシニアを?」

●「若い人の生活がシビアだからさ。」

-------------------------------------------------

■ 2012/11/23 小話2998個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「上司と酒を飲む機会がないと答えた部下が約3割もいるんだってさ。」

◆「やっぱり上司とは飲みたくないのかな?」

●「誘う側の上司の収入が3割カットされている影響かも。」

◆「収入が3割減!なんだか急に飲みたい気分になってきたよ。」

-------------------------------------------------

■ 2012/11/22 小話2997個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「大物議員が相次いで政界(せいかい)引退を発表しているよ。」

◆「国民の思いはいかに?」

●「正解(せいかい)さ。」

-------------------------------------------------

■ 2012/11/21 小話2996個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「東京では木枯らし1号が吹き、日本各地で冷え込みが厳しくなっているよ。」

◆「それを一番感じているのは野田首相さ。」

●「どうして?」

◆「衆院選の選挙に向けて民主党離党者が続出。首筋に寒風が吹き、厳しい寒さを感じているからね。」

-------------------------------------------------

■ 2012/11/20 小話2995個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「次の選挙ではどんな候補者を望む?」

◆「今の時代、困難にくじけない強い意志を持つ気概(きがい)のある政治家かな。」

●「一方、国民生活に危害(きがい)のある政治家だけは避けなければね。」

-------------------------------------------------

■ 2012/11/19 小話2994個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「石原慎太郎氏の太陽の党と橋下徹氏の日本維新の会が衆院選に向け合流だってさ。」

◆「太陽というよりも、政界で暴れるであろう台風の目だよ。」

-------------------------------------------------

■ 2012/11/18 小話2993個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「知ってるかい、島根県が全国で美肌一位だって。」

◆「出雲大社がある島根県は縁結びの神話の国だからね。」

●「それがどうしたの?」

◆「美肌効果で女性人気も上がり、婚活中の男性が島根県に押し掛けるかもよ。」

●「なるほど、神話(しんわ)の国が、婚活中の男女の縁を結ぶ親和(しんわ)の国になるのか!」

-------------------------------------------------

■ 2012/11/17 小話2992個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「衆議院の解散を受け野田首相は、前に進むのか後ろに戻るのか、との言葉を繰り返したが。」

◆「前でも後ろでも、右でも左でもいいから、とにかく動いてほしいよ。」

●「どういうこと?」

◆「前後左右どこにも行けないほど、景気は停滞しているからね。」

-------------------------------------------------

■ 2012/11/16 小話2991個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「新党結成や衆院解散など、この時期、政局に大きな動きがみられるね。」

◆「身を切る政治をすると連呼しているが、あれは自らの身を切るという意味かい?」

●「どういうこと?」

◆「国民の身を切って、不況下でさらに寒い思いをさせる意味かと思ってさ。」

-------------------------------------------------

■ 2012/11/15 小話2990個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「野田首相がいよいよ衆院解散という伝家の宝刀を抜いたぞ。」

◆「これで日本経済が明るい方向に行けばいいけど。」

●「明るい方向に?」

◆「ああ、抜いたのが伝家(電化)の宝刀だからね。」

-------------------------------------------------

■ 2012/11/14 小話2989個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「すっかり寒くなってきて、火が恋しい季節だね。」

◆「そう思うと野田首相は国民のことを考えてくれているのかな?」

●「なぜ?」

◆「問題山積で、多くの火種を抱えているからさ。」

-------------------------------------------------

■ 2012/11/13 小話2988個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「アメリカ大統領選でオバマが再選したが、今後アメリカはどうなるかな?」

◆「最初は大きかったオバマへの期待も、今回は小さくなった気がするけど。」

●「小さくなった?アメリカ大統領選は中傷(中小)合戦だからね。」

-------------------------------------------------

■ 2012/11/12 小話2987個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「米大リーグのヤンキース・黒田投手がヤンキースの契約延長の条件に難色を示しているよ。」

◆「好成績を残したから他球団からの誘いは好条件になりそうだが。」

●「戦闘(せんとう)力アップのために、資金を惜しまない銭闘(せんとう)力の熱き争いになるぞ。」

◆「熱き争い?まさしく銭湯(せんとう)状態だ。」

-------------------------------------------------

■ 2012/11/11 小話2986個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「鉛筆削り大会って知っているかい?小刀で鉛筆を削り出来栄えを比べるんだよ。」

◆「気(木)を削る競技で、芯の強さが求められるのか!」

-------------------------------------------------

■ 2012/11/10 小話2985個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「大学新設問題で田中真紀子大臣の発言が二転三転しているね。」

◆「女心と秋(あき)の空というが。」

●「田中真紀子大臣の女心に振り回されて、周囲は飽き飽き(あきあき)しているよ。」

-------------------------------------------------

■ 2012/11/9 小話2984個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「田中真紀子大臣はボクシング(拳闘)が得意なのかな?」

◆「どうして?」

●「大学新設問題で検討(けんとう・拳闘)したいと繰り返して発言しているからさ。」

◆「検討(拳闘)したいだって?たしかに周囲をガーンと殴りつける様な驚きの発言は得意だがね。」

-------------------------------------------------

■ 2012/11/8 小話2983個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「野田首相が会見でろれつが回らず疲労が心配されているね。」

◆「顔が浮腫(むく)んで、精彩を欠いている感じがすると評判だが。」

●「野田首相は顔が浮腫(むく)んで精彩を欠く?あれ、それっていつも通りの事じゃないの?」

-------------------------------------------------

■ 2012/11/7 小話2982個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「田中真紀子文科相が新設大学の件で一転認める方向を打ち出したよ。」

◆「その行動はちゃぶ台返しと言われが、返したちゃぶ台をまた元に戻したのかい?」

●「ちゃぶ台返しと言えば、アニメ・巨人の星の星一徹が思い浮かぶが。」

◆「星一徹?大臣は考えに一徹さがなく撤回さ。」

-------------------------------------------------

■ 2012/11/6 小話2981個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「短期(たんき)大学を廃止して4年制に向けた3大学の新設を、田中真紀子文科相が却下した事が大きな話題になっているね。」

◆「大学の乱立に歯止めをかける意図があるというが。」

●「だれか田中真紀子文科相の短気(たんき)に歯止めをかけられないのかい?」

-------------------------------------------------

■ 2012/11/5 小話2980個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「女性たちに、亭主を褒めて上手く使う本が売れているってさ。」

◆「知っているかい。男性たちに、女の本音と建前がわかる本が売れているんだよ。」

-------------------------------------------------

■ 2012/11/4 小話2979個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「秋は柿がおいしい季節だが、渋柿のへたの部分に焼酎を浸して置くと甘みがでるんだって。」

◆「なるほど、渋柿(渋ガキ)も焼酎を飲むようになると、大人の甘い色香を出すのか!」

-------------------------------------------------

■ 2012/11/3 小話2978個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「節約しようとして、かえって無駄遣いしてしまうのを節約リバウンドと言うそうだよ。」

◆「羨ましいなぁ。」

●「なにが?」

◆「僕のダイエットのリバウンドは太るのに、節約リバウンドは財布が細るからさ。」

-------------------------------------------------

■ 2012/11/2 小話2977個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「プロ野球で自由契約になった選手が元いた球団、いわゆる古巣に戻るパターンが多いなぁ。」

◆「古巣に戻るはずさ。野球はホーム(ベース)に戻ってくるスポーツだからね。」

-------------------------------------------------

■ 2012/11/1 小話2976個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「最近、物忘れが激しいんだよ。」

◆「例えばどんなこと?」

●「今の内閣の大臣たちの名前が思い出せないのさ。」

◆「それは大臣がコロコロ変わるからで、君のせいじゃないよ。」


三遊亭楽春の創作小話バックナンバー (全小噺一覧)


三遊亭楽春公式ブログ (ブログのトップへ)


三遊亭楽春公式ブログ(公式サイト)の内容は三遊亭楽春に著作権があり、文章・画像・写真を許可無く使用や転載することを禁じます。


« 落語家・三遊亭楽春の創作小話2012年10月分 | トップページ | 落語家・三遊亭楽春の創作小話2012年12月分 »