« 落語家・三遊亭楽春の創作小話2012年1月分 | トップページ | 落語家・三遊亭楽春の創作小話2012年3月分 »

落語家・三遊亭楽春の創作小話2012年2月分

落語家・三遊亭楽春の創作小話コーナーです。

2012年2月分をまとめて掲載。

三遊亭楽春が最近の話題で小話を毎日一つ創作しています。

-------------------------------------------------

■ 2012/2/29 小話2730個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「2050年までに宇宙エレベーターができる可能性があるそうだよ。」

◆「2050年だって?そんな先より今夏の節電で、会社のエレベーターが止まるかどうかの方が気になるぞ。」

-------------------------------------------------

■ 2012/2/28 小話2729個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「声で簡単に操作できるスマートフォンのサービスができるってさ。」

◆「なんだかスマートフォンに同情するよ。」

●「同情って?」

◆「上司や女房の声で指令されて、働いている自分に似ているからだよ。」

-------------------------------------------------

■ 2012/2/27 小話2728個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「昨日の東京マラソンの経済効果は240億円だってさ。」

◆「マラソン人口の加速的な拡大の影響だろうな。」

●「加速的だって?その経済効果が我々に回ってくるのが遅いのはなぜだい?」

-------------------------------------------------

■ 2012/2/26 小話2727個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「今日の東京マラソンで2位になった藤原新の走りは見事だったね。」

◆「まるで繁盛してる店のようだったよ。」

●「繁盛店?」

◆「周脚力(集客力)がすごいからさ。」

-------------------------------------------------

■ 2012/2/25 小話2726個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「大リーガーとしてダルビッシュがいよいよ始動したぞ。」

◆「まず最初のころはキャッチャーのサインの通り、攻めの投球で打者を驚かせて欲しいね。」

●「その前にアメリカのファンのサイン攻めに、ダルビッシュの方が驚いていたよ。」

◆「大リーグでうまくやっていけそうだな。」

●「なぜ?」

◆「ダルビッシュはサインに対して首を横に振らなかっただろ。」

-------------------------------------------------

■ 2012/2/24 小話2725個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「経済難で貯蓄が無い世帯が過去最高の28・6%だって。」

◆「おお~、長年独身の俺が初めて家庭(かてい)持ちに勝った気がするよ。」

●「君はそんなに貯蓄があるのかい?」

◆「いや、あくまでも仮定(かてい)の話だけどね。」

-------------------------------------------------

■ 2012/2/23 小話2724個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「大阪市の橋下徹市長が小中学生の留年を検討しているようだが。」

◆「できれば仕事に生かしてほしいよ。」

●「仕事に?」

◆「派遣でも正社員でもすぐに首を切らず、2・3年留年させて欲しいものさ。」

-------------------------------------------------

■ 2012/2/22 小話2723個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「トマトにダイエット効果があると報じられてから売れに売れて、とうとう店頭からトマトが消えたぞ。」

◆「トマトが赤くなると医者が青くなるというが、顔が青くなっているのは品薄の青果店やスーパーのようだね。」

●「買い溜めのおかげで、当人よりも先に財布の方にダイエット効果があらわれているよ。」

-------------------------------------------------

■ 2012/2/21 小話2722個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「子供への珍しい習い事で時代劇の殺陣(たて)を習わせる親がいるって。」

◆「瞬発力や集中力が身に着くのかな?」

●「時代劇の武士は上限関係。子供のうちから将来の縦(たて)社会を教えるているのさ。」

-------------------------------------------------

■ 2012/2/20 小話2721個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「健康志向で発酵(はっこう)食品が流行っているが、君は取っているかい?」

◆「不況、リストラ、婚活難、俺はもう充分過ぎるほどに薄幸(はっこう)だよ。」

-------------------------------------------------

■ 2012/2/19 小話2720個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「電子マネのー普及で、昨年度は43年ぶりに一円硬貨の製造がゼロだってさ。」

◆「電子マネーだと支払い感覚がなくなっているのを政府も知っての増税か。」

-------------------------------------------------

■ 2012/2/18 小話2719個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「プロ野球の各球団のキャンプが盛り上がっているね。」

◆「新球団としてスタートしたDeNAベイスターズの新戦力はどうだい?」

●「フロントに高田繁GM、指揮官に中畑清監督、主砲にラミレスが加入したよ。」

◆「あれ?それってジャイアンツの話かい?」

●「将来はジャイアンツになれるように、今からDNAを残しているのかもね。」

-------------------------------------------------

■ 2012/2/17 小話2718個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「明治大学の志願者数が3年連続で日本一確実だって。」

◆「なぜだろう?」

●「リーマンショック以降この3年間、就職難で学生は苦労しているから、明治(時代)のような日本の夜明けを期待しているのさ。」

-------------------------------------------------

■ 2012/2/16 小話2717個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「2月14日はバレンタインデーだが、褌(ふんどし)の日でもあるんだよ。」

◆「そう思って褌のヒモを締めて臨んだが、義理チョコ一つ貰えなかったぞ。」

●「男の褌以上に、女性の財布のヒモは堅かったか!」

-------------------------------------------------

■ 2012/2/15 小話2716個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「チョコレートの食べ過ぎは太るよね?」

◆「だから一年に一度のリセットとして、バレンタインデーがあるんだよ。」

●「どういうこと?」

◆「本命チョコが貰えるか心配で、身も細る思いをするからさ。」

-------------------------------------------------

■ 2012/2/14 小話2715個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「バレンタインデーって世の男達が甘い思いができる日だっけ?」

◆「違うよ。世の男たちの大半が苦い思いをする日だよ。」

-------------------------------------------------

■ 2012/2/13 小話2714個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「黒木メイサと赤西仁が結婚していたんだってさ。」

◆「まったく予兆がなかったね。」

●「そうでもないよ。半年ほど前の黒木メイサのキットカットのCMを思い出してごらん。」

◆「キットカット?甘いチョコレートのCMかい?」

●「赤と黒のキットカットのコマーシャルさ。」

◆「赤と黒?なるほど、あれは赤西と黒木の甘い関係のことだったのか!」

-------------------------------------------------

■ 2012/2/12 小話2713個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「元首相の鳩山由紀夫が、政治活動名を鳩山友紀夫に変更するって。」

◆「友愛の友を今更つけるとは、どういう心境の変化かな?」

●「きっと総理をやめたら友達が少なくなったからじゃない。」

-------------------------------------------------

■ 2012/2/11 小話2712個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「厚生労働省の研究で、アルコールの飲み過ぎによる社会的損失が推計年間4兆1483億円だってさ。」

◆「不況で店に飲みに行かないようになり、消費が上がらない損失と比べてどうなんだろう?」

●「どちらがどうかは、とりあえず飲みながら語り合おうよ。」

-------------------------------------------------

■ 2012/2/10 小話2711個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「老舗出版社の岩波書店の縁故採用が話題になっているね。」

◆「いっそ岩波文庫(ぶんこ)改め、岩波縁故(えんこ)にしたらどうだい?」

-------------------------------------------------

■ 2012/2/9 小話2710個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「田中直紀防衛相が早々と秘書官(ひしょかん)を交代させたが、なぜだろう?」

◆「国会で素人答弁と揶揄され、首にヒンヤリした避暑感(ひしょかん)を感じたからさ。」

-------------------------------------------------

■ 2012/2/8 小話2709個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「田中直紀防衛相が参院予算委を中座して、食堂でコーヒーを飲んでいたことが問題になっているね。」

◆「今後は国会内でコーヒーを飲まないと決意したが。」

●「コーヒーを何杯飲んでもいいので、国会で寝ぼけた回答をする頭をハッキリさせてほしいよ。」

◆「それより妻の眞紀子さんに怒られた方が、一発で目が覚めるんじゃない?」

-------------------------------------------------

■ 2012/2/7 小話2708個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「どの顔も赤く強張っているなぁ。」

◆「おいおい、赤く強張った顔の鬼は、節分で払ったはずだぞ。」

●「赤字で強張った顔をしているのは、かつてない業績悪化に見舞われた製造業の企業の代表達さ。」

-------------------------------------------------

■ 2012/2/6 小話2707個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「最強寒波の影響で野菜が高騰。スーパーでは袋詰めのカット野菜が人気だって。」

◆「人員カット、給料カット、この上野菜までカットかい?」

●「怒りでカッとして、寒かった頭も体も熱くなってきたぞ。」

-------------------------------------------------

■ 2012/2/5 小話2706個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「宇都宮市が餃子日本一の座を浜松市に取られたね。」

◆「宇都宮市の巻き返し対策は?」

●「包み込む餃子の斬新な餡がないか思案(餡)中さ。」

◆「一方、浜松市は喜びを包み隠せないでいるよ。」

-------------------------------------------------

■ 2012/2/4 小話2705個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「昨日は節分。鬼払いの豆まきが恒例だが。」

◆「鬼と言えば、来年のことを言うと鬼が笑うというよね。」

●「鬼払いより、政府への疑心暗鬼(あんき)を払いたい人が多いんじゃないか。」

◆「来年なんて言わず、今年中にでも鬼が笑いたくなるぐらいの安気(あんき)な暮らしがしたいよ。」

-------------------------------------------------

■ 2012/2/3 小話2704個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「最強寒波の影響で各地で被害続出だよ。」

◆「昨日が寒波のピーク(頂上・ちょうじょう)と言われたが、今日またピークが来るらしいぞ。」

●「降雪は超常(ちょうじょう)状態。これじゃ最強(さいきょう)ならぬ、最恐(さいきょう)寒波だ!」

-------------------------------------------------

■ 2012/2/2 小話2703個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「日本海側では記録的な大雪で被害が拡大しているぞ。」

◆「除雪の費用も膨大になり、大雪(たいせつ)への耐雪(たいせつ)対策が急務だね。」

●「各政党いがみ合っている場合じゃなく、一刻も早い雪解けが必要だよ。」

-------------------------------------------------

■ 2012/2/1 小話2702個目 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「元・内妻に刃物を突きつけて、愛犬のプードルを奪った男が逮捕されたよ。」

◆「夫婦の愛嫌(あいけん)問題で、愛犬(あいけん)の奪い合いになるとはね。」

●「夫婦喧嘩は犬も食わない、いや、犬にとっちゃ食えない話さ!」


◆閲覧時のお願い。

当ブログの創作小話を、他のブログやサイトに、無断で転載・掲載することは禁止のため、ご遠慮をお願いします。


三遊亭楽春の創作小話バックナンバー (過去の全小話一覧)


三遊亭楽春公式ブログ (ブログのトップへ)


三遊亭楽春公式ブログ(三遊亭楽春公式サイト)の内容は、三遊亭楽春に著作権があり、文章・画像・写真を許可無く使用や転載することを禁じます。


« 落語家・三遊亭楽春の創作小話2012年1月分 | トップページ | 落語家・三遊亭楽春の創作小話2012年3月分 »