« 落語家・三遊亭楽春の創作小話2008年5月分 | トップページ | 落語家・三遊亭楽春の創作小話2008年7月分 »

落語家・三遊亭楽春の創作小話2008年6月分

落語家・三遊亭楽春の創作小話コーナーです。

三遊亭楽春が最近の話題で小話を毎日一つ創作しています。

2008年6月分をまとめて掲載しています。

-------------------------------------------------

■ 2008/6/30 その1390 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「映画・花より男子ファイナルが初日だけで40万人を動員したってさ。」

◆「花より男子というより、映画会社に取っちゃ棚から牡丹餅だね。」

-----------------------------------------------

■ 2008/6/29 その1389 三遊亭楽春(落語家)創作小話

北朝鮮が核施設の冷却塔爆破、テロ指定解除へ。

●「冷却塔爆破がテロ指定解除へ本当に繋がるのかな?」

◆「対象が冷却塔だけに冷めた目で見ないとね。」

●「拉致被害者は冷却塔爆破のパフォーマンスに、冷めるどころか熱い怒りがこみ上げているよ。」

-----------------------------------------------

■ 2008/6/28 その1388 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「うまい棒タコヤキ味の製造工場が全焼だってさ。」

◆「ケガ人が無いのが幸いだが、全焼とはうまくない話だね。」

●「これじゃ、おこげ味になっちゃうよ。」

-----------------------------------------------

■ 2008/6/27 その1387 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「飛騨牛偽装問題で社長が謝罪会見したね。」

◆「かえって非難を浴びる態度だったけど、これぞ焼け牛に水?」

●「ああ、火に油(牛脂)を注いだよ!」

-----------------------------------------------

■ 2008/6/26 その1386 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「イタリア・フィレンツェ市の大聖堂に、女子短大生が落書きした事が問題になってるよ。」

◆「聖堂への落書きは制動(せいどう)が利かなかったか!」

●「旅の恥は掻き捨てというが、今回は捨てられずにしっかり書き残されたね。」

-----------------------------------------------

■ 2008/6/25 その1385 三遊亭楽春(落語家)創作小話

人気デュオ・ゆずが店前で路上ライブをしたことでも有名な横浜松坂屋が10月に閉店。

横浜松坂屋10月閉店とかけて、復帰戦で2回途中でKOされた松坂大輔ととく、そのこころは、幕を下ろすのが早すぎます。

路上ライブステージとしても貢献した横浜松坂屋とかけて、メジャーになったゆず(ユズ)ととく、そのこころは、巣立ち(スダチ)に一役買いました。

-----------------------------------------------

■ 2008/6/24 その1384 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「ブランド和牛・飛騨牛の偽装表示が問題になっているよ。」

◆「飛騨といえば忍者が有名だが、牛肉偽装は隠せなかったか!」

●「忍という字は刃に心と書くが、刃を入れたのは偽装牛肉。心は無かったようだね。」

-----------------------------------------------

■ 2008/6/23 その1383 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「ニセブランドは女性の装飾品だけだと思ったら、和牛のニセブランドが出たってさ。」

◆「正直にやっている関係者は、悔しくて憂し(うし)の気分だろうね。」

-----------------------------------------------

■ 2008/6/22 その1382 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「教育現場に激震走る!」

◆「学級崩壊のこと?」

●「いや学校の校舎の耐震性の問題。多くの学校で耐震性が欠けているようだよ。」

◆「学級どころか学校崩壊の危機か!」

-----------------------------------------------

■ 2008/6/21 その1381 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「ガンバ大阪が男性サポーター2人のスタジアム入場を永久に禁止すると発表したよ。」

◆「浦和サポーターに水風船を投げ込んで挑発したのが原因らしいね。」

●「水風船が弾けて、ガンバ大阪の堪忍袋も弾けたか!」

-----------------------------------------------

■ 2008/6/20 その1380 三遊亭楽春(落語家)創作小話

全国いか釣漁業協議会が燃料高騰のため全国で一斉に休漁。

●「日本海沿岸から漁り火(いさり火)が消えるなんて。」

◆「政府への怒りに火がついたようだね。」

●「漁り火よりも怒り火が燃え上がってしまったよ。」

-----------------------------------------------

■ 2008/6/19 その1379 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「開業したばかりの副都心線が、連日の乗り入れのミス、ダイヤの混乱。」

◆「まるで僕の恋愛のようだよ。」

●「なぜだい?」

◆「彼女との気持ちの乗り入れのミス。ダイヤを買う金が無く混乱さ。」

-----------------------------------------------

■ 2008/6/18 その1378 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「携帯電話シェア、NTTドコモが50%を割り込んだよ。」

◆「以前は一人勝ち状態だったドコモが、ソフトバンクモバイルに食われたか。」

●「犬も食わないという話はあるが、今度ばかりはソフトバンクのCMの白い犬に食われたようだね。」

-----------------------------------------------

■ 2008/6/17 その1377 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「トンボ鉛筆の元会長が覚せい剤で現行犯逮捕されたね。」

◆「昨年に続き再犯とは、これじゃトンボ返りだよ!」

-----------------------------------------------

■ 2008/6/16 その1376 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「昨日は父の日だったけど何かもらったかい?」

◆「ネクタイをもらったよ。父に日にはネクタイのプレゼントが多いのはなぜだろう?」

●「母親の策略さ。」

◆「どういうこと?」

●「必死に働いて家に金を持ってくるように、首に縄を着けているんだよ。」

-----------------------------------------------

■ 2008/6/15 その1375 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「東京メトロ「副都心線」が開業したよ。」

◆「副都心線の開業は嬉しいことだけど、問責決議案が可決された福田首相は副都心線の気分だろうね。」

●「なぜだい?」

◆「深くて暗い気分さ。」

-----------------------------------------------

■ 2008/6/14 その1374 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「ダイヤモンドやオパールなどの宝石で作った花束が高島屋大阪店で公開された。」

◆「1億5千万円の花束だってさ。これをあげたら女の子にモテルだろうね。」

●「1億5千万円そのままあげた方がきっと彼女は喜ぶよ。」

◆「おいおい夢の無いこと言うなよ。」

●「夢はあるよ。無いのは金さ!」

◆「彼女もだろ!」

-----------------------------------------------

■ 2008/6/13 その1373 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「三重県の診療所で不衛生な作り置き点滴(てんてき)が大きな問題になってるね。」

◆「信頼して治療を受けている患者の天敵(てんてき)だよ。」

-----------------------------------------------

■ 2008/6/12 その1372 三遊亭楽春(落語家)創作小話

ドーナツの店で金属片の混入があり回収へ。

●「ドーナツ店側はどんな気分だろうね?」

◆「穴があったら入りたいだろうさ。」

-----------------------------------------------

■ 2008/6/11 その1371 三遊亭楽春(落語家)創作小話

日本水泳連盟が北京五輪で着用する水着を選手が自由に選択できるよう決定。

●「これもスピード社の水着で新記録が続出した結果だよ。」

◆「水泳に新しく、スピード競技・自由形っていう種目ができそうだね。」

●「それは記録係りが多忙になるなぁ。」

◆「なぜだい?」

●「泳ぐ度に新記録が出るからさ!」

-----------------------------------------------

■ 2008/6/10 その1370 三遊亭楽春(落語家)創作小話

俳優・反町隆史がドラマで「ロト6で3億2千万円当てた男」の主演に。

●「どうやったらロト6を当てられるか興味があるね。」

◆「それよりもどうやったら松嶋菜々子のような美人と結婚できるか、そっちのほうが興味があるよ。」

●「君の興味は6より7(菜々子)か!」

-----------------------------------------------

■ 2008/6/9 その1369 三遊亭楽春(落語家)創作小話

GE Moneyの調査で男性会社員の平均小遣い額2500円ダウン。

●「お父さんの小遣いが4年ぶりにダウンだってさ。」

◆「アップするのはいつのことか!」

●「いいや、すでに毎日の生活にアップアップだよ。」

-----------------------------------------------

■ 2008/6/8 その1368 三遊亭楽春(落語家)創作小話

競泳ジャパンオープン・男子200メートル平泳ぎに出場した北島康介が世界新記録を出した。

●「スピード社の水着で新記録が続出する中で、北島康介が世界新記録を出したね。」

◆「水連の契約3社メーカーはどういう気持ちかな?」

●「スピード社に決定されるのが心配で、目が泳いでいるよ。」

-----------------------------------------------

■ 2008/6/7 その1367 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「英・スピード社の水着を着用で5種目で日本新記録が続出したよ。」

◆「この水着を否定できない結果が出たね。」

●「日本水連のスピード決定となるか?」

◆「英製を使用するか、英断が待たれるよ。」

-----------------------------------------------

■ 2008/6/6 その1366 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「ガソリンだけでなく食用油まで値上げだってさ。」

◆「ガソリンに食用油。オイルショックの再来か!」

●「その上、後期高齢者問題で老いる(オイル)ショックだよ。」

-----------------------------------------------

■ 2008/6/5 その1365 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「高級ブランドのフェラガモが靴などを日本だけで値下げだってね。」

◆「なぜ日本だけ靴を値下げ?」

●「お足(金)が逃げると思ったのさ。」

-----------------------------------------------

■ 2008/6/4 その1364 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「夜のお菓子で有名な名菓うなぎパイが、バター不足の影響で通販を休止、商品は値上げだってね。」

◆「夜のお菓子がどうなるかを考えると心配で寝られないよ。」

●「寝られないのは君の家が狭くて暑苦しいからだろ。」

◆「たしかに、うなぎの寝床だからね。」

-----------------------------------------------

■ 2008/6/3 その1363 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「女優の仲間由紀恵が運転する車が、鉄製ポールと接触して物損事故だって。」

◆「ドラマごくせんもヒット中だが、鉄製ポールへのヒットまでは余計だったね。」

-----------------------------------------------

■ 2008/6/2 その1362 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「ハンドボール男子、最終予選ロシアに敗れ五輪出場を逃したよ。」

◆「北京五輪のチケットは手(ハンド)からこぼれたか!」

●「その代わり国内での大きな人気を手に入れたから。」

◆「たしかに中東の笛・問題で、ハンドボールの認知度は中等から上等へ移ったよね。」

-----------------------------------------------

■ 2008/6/1 その1361 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「今日から後部座席のシートベルトの着用が義務化だってさ。」

◆「後部座席のシートベルトの着用は安全のため?」

●「そうさ、ガソリン値上げで怒ってGSの店員に飛び掛らないようにね。」

◆「店員の安全のためか~!」


◆閲覧時のお願い。

当ブログの創作小話を、他のブログやサイトに、無断で転載・掲載することは禁止のため、ご遠慮をお願いします。


三遊亭楽春の創作小話バックナンバー (過去の全小話一覧)


三遊亭楽春公式ブログ (ブログのトップへ)


三遊亭楽春公式ブログ(三遊亭楽春公式サイト)の内容は、三遊亭楽春に著作権があり、文章・画像・写真を許可無く使用や転載することを禁じます。


« 落語家・三遊亭楽春の創作小話2008年5月分 | トップページ | 落語家・三遊亭楽春の創作小話2008年7月分 »