« 落語家・三遊亭楽春の創作小話2005年3月分 | トップページ | 落語家・三遊亭楽春の創作小話2005年5月分 »

落語家・三遊亭楽春の創作小話2005年4月分

落語家・三遊亭楽春の創作小話コーナーです。

三遊亭楽春が最近の話題で小話を毎日一つ創作しています。

2005年4月分をまとめて掲載しています。

-------------------------------------------------

■ 2005/4/30 その233 三遊亭楽春(落語家)創作小話

昨年6月に自宅マンションから転落して大ケガした俳優、窪塚洋介が主演映画の製作発表で復帰会見。

●「これからは捨て身で頑張るといっていたね。」

◆「捨て身?まさかまたマンションからダイブする気じゃないだろうね。」

●「捨て身というより、ファンの皆様、見捨てないでって聞こえるよ。」

-------------------------------------------------

■ 2005/4/29 その232 三遊亭楽春(落語家)創作小話

ヤクルト古田敦也選手が巨人戦でボールを股間に当てて途中交代した。

●「睾丸が三倍に腫れたんだってさ。」

◆「バットに玉が当たるのはいいけど、股間に玉に当たるのは嫌だね。」

●「今はまだガニマタで歩いているんだってさ。」

◆「そのまま打席に立てば、まるでベイスターズの種田の、バッティングフォームになっちゃうよ。」

●「二千本安打で年俸も三倍になると痛みもなくなるかもね。」

-------------------------------------------------

■ 2005/4/28 その231 三遊亭楽春(落語家)創作小話

プロ野球の楽天イーグルスはテコ入れのため、選手・コーチの補強に乗り出すことに。

●「どうにも上昇の兆しが見えないね。」

◆「選手不足、コーチ不足。あれじゃ勝てないよ。」

●「まさかネットオークションで買うわけにいかないしね。」

◆「本拠地フルキャストスタジアムに、楽天のフルキャストが揃うのはいつのことだろうね。」

●「いっそ同じ親会社のサッカーチーム・ビッセル神戸から選手を補強したら?」

◆「どこかに使えるかな?」

●「なぁに、乱闘になったら蹴りや頭突きはお得意さ!」

-------------------------------------------------

■ 2005/4/27 その230 三遊亭楽春(落語家)創作小話

ジャイアンツ5連敗。緩慢プレーを注意されたローズ選手ブチ切れる。

●「首脳陣と選手がギクシャクしているね。」

◆「弘田コーチに怒られてローズが逆切れだよ!」

●「薔薇(ローズ)にはトゲがあるからね。」

◆「キャプラーを引っ込めて清水を出せとファンが騒いでいるよ。」

●「首脳陣と選手のイザコザを、清い水に流して出直すしかないようだね。」

-------------------------------------------------

■ 2005/4/26 その229 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「ヤクルト古田選手は大学・社会人を経験してからで、それだけ試合数が少ないのだから2000本安打達成は立派だね。」

◆「彼は去年の球団合併、球団数削除騒動で、球団側に嘘をつかせないと約束させた男だよ。」

●「なるほど、嘘ついたら針千本と約束させた男。それを上回る二千本打って意地をみせたわけだね。」

-------------------------------------------------

■ 2005/4/25 その228 三遊亭楽春(落語家)創作小話

プロ野球ヤクルトの古田敦也捕手がプロ16年目で通算2000本安打を達成。

●「大学・社会人を経験した選手としては初めてだってね。」

◆「大学時代、めがねを掛けた捕手はいらないと言われ、ドラフトにかからなかったんだよ。」

●「メガネに掛からなかった?よほど球団スカウトには、眼がなかったんだね。」

-------------------------------------------------

■ 2005/4/24 その227 三遊亭楽春(落語家)創作小話

暖かくなる季節に向けて「その他の雑酒」と呼ばれるビールが数々店頭に並びはじめた。

●「発泡酒よりも税率が低いので、庶民の新しい人気商品になるかもね。」

◆「アルコールの種類が増えると、どれにしようかと、アレコーレ悩むなぁ。」

●「大豆やえんどう豆を原料に使っているんだから、新酒というより新種という感じだよ。」

-------------------------------------------------

■ 2005/4/23 その226 三遊亭楽春(落語家)創作小話

歌手・郷ひろみさんが資産家令嬢と離婚。

●「価値観の違いという理由らしいよ。」

◆「郷に入っては郷に従えというけど、郷には従えなかったのかな。」

●「しかし何で新聞の見出しが電撃離婚なんだろうね?」

◆「郷ひろみだもの。アチチアチチで電撃のイメージがあるからさ。」

-------------------------------------------------

■ 2005/4/22 その225 三遊亭楽春(落語家)創作小話

松竹は老朽化した銀座の歌舞伎座を建て替える方向で検討していると発表。

●「老朽化で傾てきたから立て替えるんだね。」

◆「傾く(かたむく)のは当然さ。」

●「なぜだい?」

◆「元来、歌舞伎は傾く(かぶく)ものだからね。」

*傾く(かぶく)→奇抜な服装・髪型・行動をする者。歌舞伎の語源。

-------------------------------------------------

■ 2005/4/21 その224 三遊亭楽春(落語家)創作小話

2006年春の卒業予定の就職人気企業ランキングで全日空(ANA)が初の1位に。
日航(JAL)は相次ぐ不祥事が影響して昨年より後退。(リクルート調べ)

●「不祥事は学生の人気ランキングにも影響したね。」

◆「JALの職員はこう思っているかもよ。」

●「なんだい?」

◆「穴(ANA)があったら入りたいって。」

-------------------------------------------------

■ 2005/4/20 その223 三遊亭楽春(落語家)創作小話

女優・安達祐実が、交際していた俳優・黒田アーサーと破局。

●「安達祐実は笑顔でスッキリと破局会見をしたね。」

◆「とうとう弓(ゆみ・祐実)を引いたか。」

●「朝(アーサー)は黒い(黒田)と嫌だったのかな。やっぱり朝は白く明るくなくちゃね。」

-------------------------------------------------

■ 2005/4/19 その222 三遊亭楽春(落語家)創作小話

ニッポン放送の経営権をめぐる問題で、フジテレビジョンとライブドアが和解。
ライブドアの持つニッポン放送株をフジが全株買い取り完全子会社化。

●「ニッポン放送株で揉めた問題だが、やっとのことで和解のドアが開かれたね。」

◆「大騒ぎした挙句、ライブドアは1500億円近いお金を手に入れたよ。」

●「昔から株で大きな利益を得ようとする投機家を山師(やまし)と呼ぶが・・・。」

◆「まさに日本(ニッポン)一の、富士(フジ)の山(やま)で大儲けした訳だね。」

-------------------------------------------------

■ 2005/4/18 その221 三遊亭楽春(落語家)創作小話

日本プロレス界の老舗団体、全日本女子プロレスが実質的な解散。

●「37年間の歴史に幕を閉じて寂しいよ。」

◆「ビューティ・ペア、クラッシュ・ギャルズ、ジャガー横田はもちろんのこと、ダンプ松本、デビル雅美ら悪役スターも人気があったよね。」

●「全女(ぜんじょ)の悪役も、さすがに最後は感極まって善女(ぜんじょ)となった様だなぁ。」

◆「団体はクラッシュしても、一生懸命に汗を流す選手達は最後まで美しかった(ビューティ)よ。」

-------------------------------------------------

■ 2005/4/17 その220 三遊亭楽春(落語家)創作小話

阪神タイガースの応援でピンクの女性用ユニフォームが人気。

●「あの色を見ていると岡田監督は、ピンクのサウスポーが欲しくなったりして。」

◆「桃色吐息で敵を惑わせる作戦かな?」

-------------------------------------------------

■ 2005/4/16 その219 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「春野菜が出回る季節だが、君は野菜と果物ではどっちが好き?」

◆「僕はスポーツが好きだから果物がいいね。」

●「どうして果物?」

◆「勝とう(果糖)という気持ちが強いからね。」

-------------------------------------------------

■ 2005/4/15 その218 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「プロボクシングの亀田興毅の移籍金は三千万円だってさ。」

◆「うわ~、我々には見当(けんとう)もつかない金額だね。」

●「もし三千万円もらえたら、僕なら人を殴らないよ。」

◆「それこそ亀田より見当違いな発言だよ。」

-------------------------------------------------

■ 2005/4/14 その217 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「東証では、カネボウの上場廃止を巡り本格調査に入るそうだよ。」

◆「カネボウは経営再建中なのだから、カネのことでボーとしちゃいけないよね。」

●「東証(とうしょう)から警鐘(けいしょう)を鳴らされたわけだね。」

◆「警鐘を鳴らされるわけさ、カネボウ(鐘紡)だもの。」

-------------------------------------------------

■ 2005/4/13 その216 三遊亭楽春(落語家)創作小話

プロボクシングの亀田興毅選手が、日本ボクシングコミッション(JBC)へ単身で乗り込み、
所属ジムが亀田選手をポスティングにかけたことに対して直訴。

●「自由に移籍先を選べない制度が不満らしいね。」

◆「JBCも入札は認めつつも、本人の同意が必要という条件を付けたよ。」

●「どうやら直訴したことで、検討(拳闘・けんとう)して貰えたようだね。」

-------------------------------------------------

■ 2005/4/12 その215 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「これからどんどんと大リーグに行く選手が増えるかな?」

◆「日本球界との条件を天秤にかけて決めるんじゃない?」

●「なるほど、メジャーだけに(計り・秤)にかけるのか。」

-------------------------------------------------

■ 2005/4/11 その214 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「君は野球派?それともサッカー派?」

◆「新年度でまともに休めないほど忙しいから今はサッカーだな。」

●「忙しいからサッカー?どうして?」

◆「ちゃんと週休(しゅうきゅう・蹴球)が欲しいからさ。」

-------------------------------------------------

■ 2005/4/10 その213 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「新興宗教代表が婦女暴行事件で逮捕。自分は神だと名乗っていたようだね。」

◆「まさに、神と悪魔は紙(かみ)一重だった訳だ。」

●「天罰ではなく、厳罰を与えて欲しいよ。」

-------------------------------------------------

■ 2005/4/9 その212 三遊亭楽春(落語家)創作小話

心筋梗塞の予防はウエストサイズの測定からと日本内科学会で公表された。

●「男性は85センチ、女性は90センチ以上だと要注意だってね。」

◆「これからはウエストサイズを気をつける人が増えるだろう。」

●「以前は、ウエストにポーチを巻いたおじさんが多かったけど、これからはウエストにメジャーを巻いた中年が増えるかもね。」

-------------------------------------------------

■ 2005/4/8 その211 三遊亭楽春(落語家)創作小話

日本代表ジーコ監督が、日本協会の川淵三郎キャプテンから、選手起用法などを、会見で正直に話し過ぎないように釘を刺された。

●「正直者はバカを見るということかな。」

◆「選手の起用法を隠せるほどジーコは器用な人じゃないよ。」

●「サッカーはあんなに器用なのに。」

◆「選手の起用法を隠すより、選手を器用に画すことを考えて成績を上げてほしいよね。」

-------------------------------------------------

■ 2005/4/7 その210 三遊亭楽春(落語家)創作小話

お笑いグループ「ネプチューン」の名倉潤と、タレントの渡辺満里奈が結婚。

●「共演するバラエティー番組、銭形金太郎がきっかけとなったようだよ。」

◆「番組をやてって、銭金じゃなく大事なのは愛だと気がついたのかな。」

●「おニャン子クラブ出身の満里奈に、かわいい猫なで声で甘えられてイチコロだったのかも。」

◆「でも、この二人は結ばれると思っていたよ。」

●「どうしてだい?」

◆「海の神ネプチューンと、ヨットの係留地マリーナ(満里奈)だから相性がいいはずさ。」

●「なるほどね。それだけ相性が良いなら子供ができるのも遠くないかな?」

◆「ああ、なにしろ海(産み)の神がついているからね。」

-------------------------------------------------

■ 2005/4/6 その209 三遊亭楽春(落語家)創作小話

巨人、またサヨナラ負け。47年ぶりの開幕4連敗。

●「47年ぶりの開幕4連敗とは。」

◆「ミセリを押さえで使ったのはミスりだったんじゃないか。」

●「押さえを誤って、連敗記録を伸ばしたりして!」

◆「それじゃ、5連敗ならぬ、誤連敗だよ。」

-------------------------------------------------

■ 2005/4/5 その208 三遊亭楽春(落語家)創作小話

メジャーリーグ開幕。ヤンキースの松井秀喜選手は3安打3打点1ホームランの大活躍。

●「すごいね、3安打3打点1ホームランの大活躍だよ。」

◆「今年はパワーをつけるために7kgも体重を増やしたんだって。」

●「どうりで太ももや腕が一回り大きくなった感じがしたよ。」

◆「もはやメジャーでは測りきれない男になったかな。」

-------------------------------------------------

■ 2005/4/4 その207 三遊亭楽春(落語家)創作小話

プロ野球・横浜ベイスターズの牛島新監督、三試合目でようやく白星。

●「牛島新監督ようやく白星でホッとしたろう。」

◆「前日の守護神の佐々木が逆転サヨナラホームランを浴びたときには、佐々木のフォークボールのように、成績も落ちてしまうかと心配したよ。」

●「ヨコハマ黄昏(たそがれ)・・・黄昏からやっと朝日に変わったなぁ。」

◆「しかし、牛島というだけあって、牛のように白星までの歩みも遅かったね。」

-------------------------------------------------

■ 2005/4/3 その206 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「愛・地球博の弁当持込み問題は少し落ち着いたようだが。」

◆「巨利を博すことを考えずに、好評を博すような博覧会にしてほしいね。」

-------------------------------------------------

■ 2005/4/2 その205 三遊亭楽春(落語家)創作小話

プロ野球セ・リーグが1日に開幕した。巨人vs広島戦の始球式はフィギュアスケートの、
安藤美姫さんが務めたが、巨人は黒星スタート。

●「4回転の美しい舞いを見せる安藤美姫が、始球式を務めて盛り上がったね。」

◆「でもジャイアンツファンは残念な黒星スタートだなぁ!」

●「4回転の美しい舞いならぬ、巨人はフル回転でキリキリ舞いだったよ。」

-------------------------------------------------

■ 2005/4/1その204 三遊亭楽春(落語家)創作小話

愛・地球博(愛知万博)が開幕1週間を迎え、小泉首相の発言・指示を受け、
これまで持ち込み禁止だった弁当の持込を、手作り弁当に限り解禁すると発表。

●「家族で楽しみにしているお弁当が禁止とは、当初から不満が大きかったね。」

◆「愛・地球博というわりには、愛が足りなかったんじゃない。」


◆閲覧時のお願い。

当ブログの創作小話を、他のブログやサイトに、無断で転載・掲載することは禁止のため、ご遠慮をお願いします。


三遊亭楽春の創作小話バックナンバー (過去の全小話一覧)


三遊亭楽春公式ブログ (ブログのトップへ)


三遊亭楽春公式ブログ(三遊亭楽春公式サイト)の内容は、三遊亭楽春に著作権があり、文章・画像・写真を許可無く使用や転載することを禁じます。


« 落語家・三遊亭楽春の創作小話2005年3月分 | トップページ | 落語家・三遊亭楽春の創作小話2005年5月分 »