« 落語家・三遊亭楽春の創作小話2005年2月分 | トップページ | 落語家・三遊亭楽春の創作小話2005年4月分 »

落語家・三遊亭楽春の創作小話2005年3月分

落語家・三遊亭楽春の創作小話コーナーです。

三遊亭楽春が最近の話題で小話を毎日一つ創作しています。

2005年3月分をまとめて掲載しています。

-------------------------------------------------

■ 2005/3/31 その203 三遊亭楽春(落語家)創作小話

昨日、東京の環状8号線・平和台駅前の地下水道管から漏水し周辺が冠水した。

●「環状(かんじょう)が冠水(かんすい)するとは驚きだね。」

◆「そのまま水の流れが出来たら、水に乗って環状線が渋滞もなくスイスイ進んだりして。」

●「それじゃ流れるプールだよ!」

-------------------------------------------------

■ 2005/3/30 その202 三遊亭楽春(落語家)創作小話

米ハリウッド版「Shall we Dance?」のPRのため、アメリカの俳優、リチャード・ギアが来日。小泉首相表敬訪問した。

●「小泉首相は自らジャパニーズ・リチャードギアとご満悦だったね。」

◆「似ているとおだてられて、気持ちのギアがトップに入って高揚したのかな。」

●「小泉首相とリチャード・ギアが一緒に踊りだしたのは驚いたね。」

◆「俳優相手ならいいけど、政策ではアメリカに踊らされないといいね。」

-------------------------------------------------

■ 2005/3/29 その201 三遊亭楽春(落語家)創作小話

日航でトラブルやミスが相次いだため、国土交通省の局長らが日航運航本部などを査察。

●「JASとJALの合併による合理化がトラブルの一因とも言われてるね。」

◆「SとLの違いが、様々な相違を生んでいるのかな。」

●「SL?なんだか聞いただけで体制が古そうに感じるね。」

-------------------------------------------------

■ 2005/3/27 その199 三遊亭楽春(落語家)創作小話

大相撲春場所は朝青龍が11度目の優勝を達成した。

朝青龍とかけて、花見ととく、そのこころは、すごい席取(関取)りだねぇ~。

-------------------------------------------------

■ 2005/3/26 その198 三遊亭楽春(落語家)創作小話

W杯アジア最終予選で日本はイランに惜敗。

●「さすがにアウエーは厳しかったね。。」

◆「相手サポーターは十万人を越えるスタジアムで、日本席はわずか三千余り。でも日本の応援も頑張ったね。」

●「十万(じゅううまん)人が充満(じゅううまん)しているスタジアムで、日本の応援は燦然(三千)と輝いていたよ。」

-------------------------------------------------

■ 2005/3/25 その197 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「そろそろ鍋物が終わる季節かな。」

◆「ああ、これからまた下っ端か。」

●「下っ端って?」

◆「(鍋)奉行職を卒業だからさ。」

-------------------------------------------------

■ 2005/3/24 その196 三遊亭楽春(落語家)創作小話

仲間由紀恵主演ドラマ「ごくせん」が高視聴率を獲得。

●「ごくせんが、まさに極選(ごくせん)番組となったね。」

◆「他局がどうやったら同じように高視聴率が取れるかと、
  ひそかに収録現場に潜入していたという噂もあったりして!」

●「それって、極秘潜入、つまり極潜(ごくせん)だよ。」

-------------------------------------------------

■ 2005/3/23 その195 三遊亭楽春(落語家)創作小話

日本航空は大きなミスが相次ぎ、国土交通省から事業改善を命じられた。

●「何度も注意を受けても、それが右から左へ流されていくようじゃ、ジャル(JAL)じゃなくザルだよね。」

◆「このままじゃ飛行(ひこう)会社ではなく、非行(ひこう)会社になっちゃうよ。」

●「安全(あんぜん)を暗然(あんぜん)にしないように、安全対策の着地点だけはシッカリして欲しいね。」

-------------------------------------------------

■ 2005/3/22 その194 三遊亭楽春(落語家)創作小話

マラッカ海峡で海賊に襲われた日本人船長ら3人が無事解放された。

●「一時は解放(かいほう)だと、誤報が(ごほう)出たが、結果的に無事でよかったね。」

◆「今やマラッカ海峡はで海賊ビジネスといって、解放する身代金の額まで決まっているようだよ。」

●「ごねたり揉めたりすると高くなるのかな?」

◆「そりゃそうさ。海賊はバイキン(倍金)グというくらいだからね。」

-------------------------------------------------

■ 2005/3/21 その193 三遊亭楽春(落語家)創作小話

昨日、九州北部を襲った福岡県西方沖地震が発生。玄界島の島民の大半が離島避難。

●「玄界島の島民は突然のことに、まるで冬眠(島民)から覚めたように驚いたろうなぁ。」

◆「安全性の限界(玄界)を感じて大半が離島避難となったね。」

●「これを教訓に避難場所など地震に対する心構えは、自分自身(地震)で備えておくべきだね。」

-------------------------------------------------

■ 2005/3/20 その192 三遊亭楽春(落語家)創作小話

ライス米国務長官が就任後初めて来日し、首相、外相と相次いで会談。

●「ライス米国務長官が来日したね。」

◆「アメリカ(米国)のライス(米)というから、米(コメ)の売込みかと思ったら、米国産牛肉の売込みだよ。」

●「BSE問題があるが、輸入再開のメドはどうだろう?」

◆「う~ん、現時点ではコメ(米)ントのしようがないね。」

-------------------------------------------------

■ 2005/3/19 その191 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「人事異動(いどう)の季節だね。」

◆「イヤでも文句は言えないよ。異同(いどう)するしかないのが不況下のサラリーマンの宿命さ。」

-------------------------------------------------

■ 2005/3/18 その190 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「春は芽が出る季節だが、俺はいつ会社で芽が出るんだろう。」

◆「芽が出る?君の場合は上司に目をつけられているからなぁ。」

-------------------------------------------------

■ 2005/3/17 その189 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「春になると眠くなるのはなぜだろう?」

◆「君が目覚めるのを周りが怖がって、眠らせておきたいんだよ。」

●「そんなに周りは僕の才能を怖がっているのかな?」

◆「君が寝ていてくれた方が仕事がはかどるからね。」

-------------------------------------------------

■ 2005/3/16 その188 三遊亭楽春(落語家)創作小話

車でミニバイクに当て逃げしたとして、道交法違反容疑で書類送検された小泉今日子さんが起訴猶予処分に。

●「小泉さん、今後は何に気をつけて運転しますか?」

◆「なんてったってハンドル!(アイドル)」

-------------------------------------------------

■ 2005/3/15 その187 三遊亭楽春(落語家)創作小話

期満了に伴う千葉県知事選は、現職の堂本暁子氏が、俳優で元衆院議員・森田健作氏を破り再選を果たした。

得票率でわずか0・29ポイント差の大接戦だったことが判明。

●「森田健作は、衆院議員から今度は県知事選という賭けに出たんだろうけど、開けてみれば勝敗はわずかな差だったんだねぇ。」

◆「なあに、堂本(胴元)が潰れないんだから、賭けの行方は決まっていたよ。」

-------------------------------------------------

■ 2005/3/14 その186 三遊亭楽春(落語家)創作小話

任期満了に伴う千葉県知事選は現職の堂本暁子氏が再選。

●「俳優で元衆院議員の森田健作氏は僅差で敗れたね。」

◆「イメージはよくても、千葉県知事としての建策(けんさく)が、見えなかったとの評価だったからなぁ。」

●「しかし敗れて悔い無しと、さわやかに胴上げをしたね。」

◆「でも心中は穏やかじゃなかったかもよ。涙・涙だったりして。」

●「今頃、自身のヒット曲を歌っているかな?さらば涙といおう♪って。」

-------------------------------------------------

■ 2005/3/13 その185 三遊亭楽春(落語家)創作小話

五厘刈りヘアーだった巨人・清原選手が、バリカンの歯を間違えて一厘刈りに。

●「一厘刈りにしてから、ますます調子がアップしているね。」

◆「一厘刈りところか、相手投手総狩り(かり)という状態だよ。」

●「でも今のうちかもよ。シーズンに入ったら返り討ちに会ったりして。なにしろ、借り(かり)は返すものだからね。」

-------------------------------------------------

■ 2005/3/12 その184 三遊亭楽春(落語家)創作小話

人気アニメ「ドラえもん」の声優陣が交代し、主要キャラクター5人合わせて206歳分の若返りとなった。

●「206歳分も若返らせるとは、さすがドラえもん、凄いマシンを出したねぇ。」

◆「オールドファンとしては、時々タイムマシンに乗って、元の声優陣の声を聞かせてほしいね。」

-------------------------------------------------

■ 2005/3/11 その183 三遊亭楽春(落語家)創作小話

人気アニメ「サザエさん」のワカメ役の声優が交代。
野村道子さんから、津村まことさんにバトンタッチ、三代目となる。

●「初代のワカメちゃんってどんな声だったかなぁ。回想(かいそう)してもよく思い出せないなぁ。」

◆「なにしろ、1969年の放送開始だからね。ずいぶん時も経っているから、時々は番組も改装(かいそう)しないとね。」

●「なるほど、ワカメだけに、かいそう(海草)がつきものだ。」

-------------------------------------------------

■ 2005/3/10 その182 三遊亭楽春(落語家)創作小話

日本エアコミューターのパイロットがインフルエンザに感染したため、鹿児島ー奄美間と鹿児島ー沖永良部間のそれぞれ離島便2往復4便が欠航となった。

●「飛行機は風(風邪)の影響を受けるとは思っていたが、こういう形で影響を受けるとは。」

◆「予約客の127人は後続便などに振り替えられたそうだよ。」

●「なるほど、席(咳)の問題は解決か!」

-------------------------------------------------

■ 2005/3/9 その181 三遊亭楽春(落語家)創作小話

俳優の松平健さんが「マツケンサンバ2in東京ドーム」で、ド派手衣装を着て2万人の観客と共に歌い踊った。

●「オープニングでは、暴れん坊将軍のテーマで白馬に乗って、徳川吉宗公・上様として登場したんだってさ。」

◆「その上、キンキラの衣装で踊り狂ったわけかぁ。」

●「吉宗公は倹約を推し進めた将軍だったはずだけどなぁ!」

◆「側近は嘆いただろうね。殿、なんというお戯れを!」

-------------------------------------------------

■ 2005/3/8 その180 三遊亭楽春(落語家)創作小話

未成年で喫煙して謹慎中の日本ハム・ダルビッシュ選手が禁煙宣言。

●「元々吸っちゃいけない年齢なのに、禁煙宣言を口にするとは不思議だね。」

◆「タバコを止めたから、口寂しいんじゃない。」

-------------------------------------------------

■ 2005/3/7 その179 三遊亭楽春(落語家)創作小話

プロ野球のオリックス・バファローズと、お笑いの吉本興業が業務提携を結んだ!

●「阪神が松竹芸能と提携を結んでいることに対抗したのかな。」

◆「えっ、阪神が松竹芸能?そんな話聞いたことないよ?」

●「だって阪神の監督って、松竹新喜劇の藤山寛美でしょ。」

◆「顔が似てるけど、あれは岡田監督だよ!」

-------------------------------------------------

■ 2005/3/6 その178 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「暖かくなるとスポーツがしたくなる季節だが、君はどうだい?」

◆「僕は乗馬かな。」

●「それはかっこいいね。」

◆「騎手が乗馬しているのを見て、僕は馬券を買うのさ。」

-------------------------------------------------

■ 2005/3/5 その177 三遊亭楽春(落語家)創作小話

人気アイドル松浦亜弥に初ロマンスが発覚!

●「今まで浮いた噂がなかったけど、とうとう写真週刊誌にスクープされたね。」

◆「どうしてわかったんだろう?」

●「極秘の情報が舞い込んだらしいよ。」

◆「どんな情報だい?」

●「彼の家の裏(浦)で待つ(松)怪(亜弥)しい影あり・・・って。」

-------------------------------------------------

■ 2005/3/4 その176 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「東宝のアニメ映画が好調。」

◆「他の映画会社にも投影(とうえい・東映)されたらいいね。」

-------------------------------------------------

■ 2005/3/3 その175 三遊亭楽春(落語家)創作小話

アニメ映画「ハウルの動く城」が3/1までに、観客動員で日本映画歴代2位になったと報じられた。

●「不動の記録かぁ。これじゃ動く城じゃなく、動かぬこと山の如しだよ。」

◆「東宝にとっては、まさに宝だね。」

●「これから春休みに、さらに動員拡大を期待しているらしいよ。」

◆「当方(東宝)では大歓迎ってわけだね!」

-------------------------------------------------

■ 2005/3/2 その174 三遊亭楽春(落語家)創作小話

ジャイアンツ、清原選手の五厘刈りが話題に。真似をする選手やファンが現れている。

●「清原選手の五厘刈りに同調する人が増えているね。」

◆「そりゃそうさ。五輪(五厘)の輪は繋がっていくものさ。」

-------------------------------------------------

■ 2005/3/1 その173 三遊亭楽春(落語家)創作小話

元祖ブルートレイン「あさかぜ」が引退。同じくブルトレ「さくら」も廃止に。

冷暖房完備や個室寝台などを備え「走るホテル」と呼ばれ人気を博した。

●「人気のブルートレインが引退。ファンはまさにブルーな気分だろうね。」

◆「宿泊しながら旅行でき、当時は走るホテルと呼ばれたんだよ。」

●「今や飛行機や新幹線があるため、宿泊(しゅくはく)ならぬ四苦八苦(しくはっく)。」

◆「朝風(あさかぜ)に桜(さくら)散る。寂しいねぇ。」


◆閲覧時のお願い。

当ブログの創作小話を、他のブログやサイトに、無断で転載・掲載することは禁止のため、ご遠慮をお願いします。


三遊亭楽春の創作小話バックナンバー (過去の全小話一覧)


三遊亭楽春公式ブログ (ブログのトップへ)


三遊亭楽春公式ブログ(三遊亭楽春公式サイト)の内容は、三遊亭楽春に著作権があり、文章・画像・写真を許可無く使用や転載することを禁じます。


« 落語家・三遊亭楽春の創作小話2005年2月分 | トップページ | 落語家・三遊亭楽春の創作小話2005年4月分 »