トップページ | 落語家・三遊亭楽春の創作小話2004年10月分 »

落語家・三遊亭楽春の創作小話2004年9月分

落語家・三遊亭楽春の創作小話コーナーです。

三遊亭楽春が最近の話題で小話を毎日創作しています。

2004年9月分をまとめて掲載しています。

-------------------------------------------------

■ 2004/9/30 その21 三遊亭楽春(落語家)創作小話

今日、9/30は気象庁から紅葉の見頃予想が発表される日。(関東のみ)

品川の海晏寺(かいあんじ)は江戸有数の紅葉の名所。

江戸時代、海晏寺に紅葉見物に言ってくるといいながら、実は、男の真の目的は品川の色町で遊ぶこと。

「海晏寺 真っ赤な嘘の つきどころ」

●「どうして海晏寺の紅葉を見ると、色町へ行きたくなるのかな?」

◆「紅葉を見た後には、気が高揚するからだよ。」

●「真っ赤なものを見て、気が高揚するなんてまるで牛だね。」

◆「それで牛太郎(色町の客引き)の顔が見たくなるのかぁ。」

-------------------------------------------------

■ 2004/9/29 その20 三遊亭楽春(落語家)創作小話

安達祐実が、恋人の黒田アーサーと破局か?

新しい恋の噂の相手は、俳優の比留間由哲とか・・・。

●「アーサー(朝)の次だから、比留間(昼間)なのかな?」

◆「じゃ、次はどんな相手だろう?」

●「きっと、ステキなナイト(夜)だろうね。」

-------------------------------------------------

■ 2004/9/28 その19 三遊亭楽春(落語家)創作小話

台風がやってきた。

台風は進路を変えることもあり、天気予報を見ても道筋が読みにくい。

●「なぜ台風には女性の名前が付いてるの?」

◆「一度暴れ始めたら手がつけられないからさ。」

●「俺は男だけど、よく台風って言われるよ。」

◆「どうして?」

●「空気が読めない奴だってさ。」

-------------------------------------------------

■ 2004/9/27 その18 三遊亭楽春(落語家)創作小話

大相撲秋場所、朝青龍の5連覇ならず。

プロ野球の青い竜(ドラゴンズ)は優勝に向かって進んでいるが、相撲の青い龍は優勝を逃した。

●「朝青龍は優勝を逃したね。」

◆「今朝は青い顔の龍になってるよ。」

-------------------------------------------------

■ 2004/9/26 その17 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「プロ野球ストの影響で、弁当が観客に食べられることなく捨てられたね。」

◆「食べてもらえずに悔しい思いをした弁当販売店は、NPBと選手会に対し、苦々しくこう思っているかもしれないよ。」

●「なんだい?」

◆「食えない奴らだなぁ。」

-------------------------------------------------

■ 2004/9/25 その16 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「プロ球のスト回避とかけて、今の季節ととくよ。」

◆「なぜだい?」

●「飽きがきた(秋が来た)のさ。」

-------------------------------------------------

■ 2004/9/24 その15 三遊亭楽春(落語家)創作小話

今週末はプロ球のストが回避になった。

ピッチャー日本プロ野球組織、投げました。

ボールはキャッチャー古田のミットにガッチリ納まった。

●「ストカイヒー!」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

イチローが絶好調。

これなら大リーグのシーズン最多ヒット記録を作りそうだ。

◆「イチロー、記録更新に一路進め!」

-------------------------------------------------

■ 2004/9/23 その14 三遊亭楽春(落語家)創作小話

高齢者社会というが、91歳のスリ(女性)が捕まったのには驚いた。

同じ洋服店ばかりを狙っていたため、「いつものおばあちゃんだ!」と気が付かれて逮捕。

●「あのおばあちゃん、何故かいつも同じ店ばかり狙うね。」

◆「捕まるはずだよ。高齢じゃなく恒例だもの。」

-------------------------------------------------

■ 2004/9/22 その13 三遊亭楽春(落語家)創作小話

政治家が寒い日に外套を着たまま演説をしていたら有権者から注意を受けた。そこで政治家が・・・。

●「これが本当の街頭(外套)演説です。」

◆「へんなごまかしを言うな。」

●「いや、これは、私がこうと(コート)決めたらやり遂げる、意思の強さの証拠です。」

◆「外套ひとつで、なんてオーバーなことを!」

-------------------------------------------------

■ 2004/9/21 その12 三遊亭楽春(落語家)創作小話

テレビも新聞もニュースはプロ野球のストライキのことばかり。

そこで考えました。もし家の中で日常使っている製品が、ストを起こしたらでうなるでしょう?

「ストをしました」

~目覚し時計がストをしました~

●「もう、毎日頭を叩かれるのは嫌だと怒りました!」

~部屋の照明がストをしました~

●「我慢したが、とうとう切れました!」

~冷蔵庫がストをしました~

●「家人とは冷え冷えした関係です。」

~ドアと窓が共闘してストをしました~

●「家人はロックーアウトされました。」

~水道がストをしました~

●「揉め事を水に流せそうもありません。」

~トイレがストをしました~

●「家人は当分、運がつくことはなさそうです。」

-------------------------------------------------

■ 2004/9/20 その11 三遊亭楽春(落語家)創作小話

プロ野球ストの影響で、球場販売用のビール・弁当が販売できず、大きな打撃を受けた。

●「ビールが販売できなかったね。」

◆「泡と消えたよ。」

●「販売店も大きな痛手だね。」

◆「まさに泡を食ったよ。」

●「泡を飲めずに、泡を食うとは!」

-------------------------------------------------

■ 2004/9/19 その10 三遊亭楽春(落語家)創作小話

関西国際大学では、日本の大学初の試みで、キャンパスマイレージを導入。   
大学での学業成績を基本としてポイントが加算され、なんと海外研修旅行とも引き換えられるという。

真面目な学生よりも不良の方がポイントが溜まるかも?

●「不真面目な方がポイント溜まるの?」

◆「だって海外研修旅行は、飛行(非行)だからね。」

-------------------------------------------------

■ 2004/9/18 その9 三遊亭楽春(落語家)創作小話

各界で揉め事が絶えませんねぇ。(^_^;)

~~~~~~~~~~~~~

高知競馬の人気馬、ハルウララを巡って調教師と馬主の意見が対立!

●「二人の対決、どう思う?」

◆「きっと、馬が合わないんだろ。」

~~~~~~~~~~~~~

プロ野球史上、初のストライキ決定!

どうやら球団と選手会の、会話の「キャッチャボール」ができなかったようだ。

●「選手はニューボール(新規参入)を投げたようだぞ。」

◆「球団側は取らなかったね。年寄りで反射神経が衰えてるのかな?」

●「いやぁ、衰えてるのは堅くなった頭だよ。」(^^ゞ

~~~~~~~~~~~~~

男子ハンマー投げでドーピングで金メダルをはく奪されたアヌシュ。今だに金メダルを返却しないと、ごねている。

検査で別人の尿検体を提出した疑いは消えない!当人はやっていないというが・・・

●「アヌシュの尿検査、どう思う?」

◆「絶対、臭いね!」(^_^;

-------------------------------------------------

■ 2004/9/17 その8 三遊亭楽春(落語家)創作小話

「すき家」で牛丼が復活することが話題になった。

牛丼が復活するだけでニュースになるとは。(゚_゚)びっくり!

野球界では、牛(バファローズ)がなくなる話題で持ちきりなのに皮肉なものだ。(^^ゞ

すき家の牛丼の肉はオーストラリア産。

お~ストらりあ・・・やっぱり「スト」が関わっている。(笑)

それにしてもプロ野球の根来コミッショナーの姿が全く見えてこない。

本当に最高責任者の仕事をしているだろうか?

●「根来だけに先祖は忍者かな?」

◆「ああ、それで姿が見えないのか。」

-------------------------------------------------

■ 2004/9/16 その7 三遊亭楽春(落語家)創作小話

巨人の上原選手が結婚後の初登板で勝利を挙げた。

●「まさに一生(一勝)の思い出だろうな。」

◆「この試合、広島球場は落雷で二度も停電になったよ。」

◆「落雷よりも、彼女は旦那のピッチングに痺れただろうね。」

-------------------------------------------------

■ 2004/9/15 その6 三遊亭楽春(落語家)創作小話

ザ・ドリフターズの高木ブーさんに初孫誕生!

ブーさんのウクレレアルバム「美女とYA!BOO」を子守唄にすると言っていた。

●「子供の子守唄はウクレレ伴奏だったさ。」

◆「それは名案だね。ウクレレだけに、験(絃)が良いよ。」

その新アルバム「美女とYA!BOO」の完成発表会で、巨乳軍団総勢14人の美女と共演した。

ところが、並んでみたら一番の巨乳はブーさん当人だった。(笑)

-------------------------------------------------

■ 2004/9/14 その5 三遊亭楽春(落語家)創作小話

自民党の安倍晋三幹事長が、アテネ五輪アーチェリーで、銀メダルを獲得した山本博選手と面会。

安倍幹事長は、山本さんに対し、「あなたの風の読み方は凄い。」と称賛。

いやいや、風の読み方は政治家の方が上手だろう。

●「国会議員は風の読み方が上手いね。」

◆「風見鶏だからね。」

安倍氏は来年4月に、全日本アーチェリー連盟の、会長就任が決まっているので、その売名行為とも噂される。

●「安部さんのアーチェリーの件どう思う?」

◆「なんとも的ハズレだね。」

-------------------------------------------------

■ 2004/9/13 その4 三遊亭楽春(落語家)創作小話

加藤茶さんが離婚会見を開くことに。

●「離婚の話をしろ?・・・ちょっとだけよ。」

-------------------------------------------------

■ 2004/9/12 その3 三遊亭楽春(落語家)創作小話

時代劇「鬼平犯科帳」は面白い。

若い頃の長谷川平蔵は、不良で放蕩の限りを尽くした。「賭場」にも度々顔を出したようだ。

だからこういう題名なのか?

●「鬼平、半か丁」(はんかちょう)

-------------------------------------------------

■ 2004/9/11 その2 三遊亭楽春(落語家)創作小話

アテネオリンピックで小噺を!

~~~~~~~~~~~~~~

女子柔道の谷亮子が金メダルを取った。

野球代表で出ていたオリックスの谷選手との夫婦の熱々ぶりは有名。

●「ここまで来るまでにケガなどもあって、きっと山あり谷ありだったでしょうね。」

◆「いいや彼女には谷ばかりだよ。」

~~~~~~~~~~~~~~

男子ハンマー投の室伏広治が繰り上げで金メダルを取った。

●「厳しい筋トレを続けた結果の金メダルだね。しばらくは休むのかな?」

◆「いいや、きっとオリンピックに向けて筋トレ(金取れ)さ!」

~~~~~~~~~~~~~~

アーチェリー(洋弓)の、山本博(学校の先生)が41歳にして2度目のメダル獲得。

●「アーチェリーでメダルを取る秘訣は?」

◆「集中力が要求(洋弓)され、責める気持ちで先制(先生)攻撃だよ。」

-------------------------------------------------

■ 2004/9/10 その1 三遊亭楽春(落語家)創作小話

プロ野球の合併問題が大きな話題に!

ロッテとダイエーの合併が破談になったようだ。

ロッテはアジアも視野に含めた戦略で、ダイエーの持つ九州の観客を獲得したいとの思惑もあり、一時はかなり話が進んでいたようだ。

しかし、ダイエー本社の再建問題が先で、球団の合併どころじゃなくなった。

本社がこの調子では、ダイエー・ホークス自体が無くなってしまうかも。

これじゃ普通の合併ではすまないだろう。そのうち新聞の見出しにこんな文字が!

●「ダイエー、ロッテに吸収(九州)合併!」

~~~~~~~~~~~~~~

プロ野球のストが現実になるのか?

ピッチャー選手会、投げました。バッター球団オーナー、強引に振りました。しかしボールはキャッチャー古田のミットにガッチリ納まった。

野球ファンが審判となって声高く叫ぶ!

◆「ストライキ!」


◆閲覧時のお願い。

当ブログの創作小話を、他のブログやサイトに、無断で転載・掲載することは禁止のため、ご遠慮をお願いします。


三遊亭楽春の創作小話バックナンバー (過去の全小話一覧)


三遊亭楽春公式ブログ (ブログのトップへ)


三遊亭楽春公式ブログ(三遊亭楽春公式サイト)の内容は、三遊亭楽春に著作権があり、文章・画像・写真を許可無く使用や転載することを禁じます。


トップページ | 落語家・三遊亭楽春の創作小話2004年10月分 »